2014年3月28日 (金)

『私の制服 / coudre coudre 』行ってきました。

先日ご紹介した、鎌倉で今日から開催中の、友人の展示&受注会へ行ってきました。

すごく質の良い綿や麻の天然素材を使用した、とても着心地の良い、シンプルだけど独特のラインの服でした。
オーガニックコットンの物も。

デザイン的にも、シーズンをまたいで、割りと長く活躍しそうです。

そして、さすがの仕立ての良さ。いやー感心しました。

あの質からすると、このお値段で大丈夫なの?と思う、とても良心的な価格でした。

鎌倉野菜の直売所にも寄りましたが、時間が遅く、市場の奥にある商店になっている一角しか、お店が開いていませんでした。
その中の八百屋さんで、少しお野菜を買いました。

素晴らしく良い生姜と、鎌倉で採れたトマトを買ったのですが、このトマトが素晴らしい味でした。
今まで食べたトマトの中でも、1、2を争う美味しいトマトでした。
本当にびっくり。もっと買えばよかった!

『私の制服 / coudre coudre<br />
 』行ってきました。

『私の制服 / coudre coudre<br />
 』行ってきました。

『私の制服 / coudre coudre』
2014年3月28日(金)〜4月3日(木)
11:00〜17:00(3月31日は定休日) 
patrone(パトローネ)
神奈川県鎌倉市大町1-1-13 Walk大町1-201
TEL:0467‐53‐8680
JR鎌倉駅より徒歩5分
※28、29、30日は作家が在店予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

素敵な紐?

元々パンツが嫌いで、二十歳を過ぎるまでほとんど履いたことがなく、特にジーパンは1本も持っていませんでした。

でも、パリで仲良しになった人が、リーバイス大好きのジーパンマニア?で、強く薦められ、選んでもくれたので履くようになりました。

いったん覚えると、止められない着心地と便利さと丈夫さ。
しかし、初心者の私はパンツに合うベルトを1本も持っていませんでした。

それで、ニューヨークへ行った時にリーバイスで、シンプルで革が柔らかく、色もイイ感じかつ年季が入るとますます良い風合いになりそうな皮のベルトを見つけて購入しました。

そのベルトを丁寧に使って、長い間愛用していたのですが、日本に帰国して久しぶりに使った夏の暑い日の事。
大きくかがんだ時にほんの少し素肌に触れる程度だったにも関わらず、次の日にお腹の辺りがみるみる腫れていき、胸の下からウェストの辺りまで全体が赤く腫れ上がりかさぶたまでできる始末。
完全なる金属アレルギーです。
完全に治るのに3ヶ月ほどかかりました。

それ以来ベルトが怖くてできません。
でもジーパンは止められない。
友人にその話をしたら、大笑いしながら『素敵な紐を探せばいい』と。

おっしゃる通りと、仕方なく手芸用の綿100%の綿ロープを使っています。

恥ずかしいので人に見られない様にしています。

時々何かで紐がどうしても必要な時には、こっそり素敵な紐ベルトをシュッ!と引き抜いて、そしらぬ顔で使ったりもします。

『便利な素敵な紐』です。

ちなみに素敵な紐はちっとも素敵ではなく、実は、灰色の変な紐です。

写真なんか載せませんよー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

天パー女は可哀想なのだ

子供の頃からクセっ毛です。
赤ちゃんの頃は、くるくるくるんの巻き毛だったみたいです。二十代前半くらいまでは、延びてくると縦ロールになっていました。

だから、真っ直ぐな髪に憧れがあったり。
何度もかけたストレートパーマは、うまくかかったのはたった一度だけでした。
髪が細くて柔らかいタイプだったせいらしい。

もう、さすがに真っ直ぐな髪はあきらめていました。

何年前だったかな。ヴィダルサスーンから発売された、蒸気の出る画期的なストレートアイロンを宣伝などで見かけるようになりました。
色もメタリックな赤でカッコいい。
ズボラな私がちゃんと使うとも思えないし、何より私の髪質ではきっとたいした効力は無いだろうし…高いし。
などと、あきらめ気味に横目で見ながら、実は気になって仕方ない状態が長い間続いていました。

二年ほど前に、母親にCDウォークマンを買って送って欲しいと頼まれて、ビックカメラへ行きました。
通りすがりの特別キャンペーンのコーナーに、あの赤いストレートアイロンがキラキラ輝いていました。
や…安い!
気がついたら手にとってレジに向かっていました。
会計になって、金額を聞くと、更に二千円も安い金額。『お間違いじゃないですか?』と確認したところ、『いいえ。間違いないみたいですよ。多分、お客様が見間違われたのだと思います。』と言われました。

嬉し涙に潤む目で、会計を済ませたストレートアイロンをしかと握りしめつつ、もう一度確認しに売り場へ戻ってみましたが、やっぱり私が見ていた値段が付いていました。

何と言うラッキー

天パー女は可哀想なのだ

そしてそのストレートアイロンが大正解の優れものでした。

天パー女は可哀想なのだ

こんな頭が

天パー女は可哀想なのだ

こんなになる。

(T_T)嬉しい。
私みたいなおっさんみたいな女子でも、気分が上がります。

やっぱりマメには使いませんが、使えば必ず威力を発揮してくれます。
適当にやってもそれなりに。ちゃんとやればもっときっちり。

最近の家電の進歩は素晴らしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

ルイ・ヴィトン×草間彌生

以前ルイ・ヴィトンが村上隆とコラボしたシリーズが話題になりましたが、今回は前衛的なアーティスト、草間彌生とのコラボレーションです。

ルイ・ヴィトン×草間彌生

草間彌生と言えば『水玉』ですね。
ルイ・ヴィトンとは思えない、ポップな赤×白の水玉です。
実物見たいな〜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

ブラジャーの歴史が変わった発見。

昨日の新聞に面白い記事がありました。

ブラジャーの歴史が変わった発見。

2008年、オーストリアの城に放置されていた大量の布を発見し、その中に肩ひもや2つのカップの付いたブラジャーが、複数含まれていたのだそうです。
放射性炭素年代測定方によって、作られた年代を調べたところ1440年〜85年頃の物と判明したとの事です。

ブラジャーがほぼ現在の形で作られる様になったのは、一般的に20世紀に入ってからと言われています。
それ以前は、苦しい思いをしてコルセットを使用していた訳です。

それが、今回の発見で覆ったと言うことですね。
レースが付いているものもあったみたいです。

ちょっと、現物を見てみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)