« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月18日 (月)

新顔。

今日またしても、新顔の猫が、さも昔からの知り合いみたいにご飯を食べにやって来ました。

新顔。

人間には分からない何処かに、猫たちが情報交換をする掲示板があるといいます。
もう、絶対あると思います。
絶対我が家は貼り出されていると思います。
だれか剥がしてきて欲しい。

友人が、飼い猫が食べなくなった残りの餌をくれました。
超嬉しいです。
猫たちも嬉しそうに食べていました。

母猫の授乳が終わって、子猫たちが巣立つまでは、ご飯援助するつもり。

子猫たちが巣だった後は、以前に戻って仲良くなるための作戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

今年の猫たち。

この猫は、昨年来ていた猫。“ビクビクちゃん”。

今年の猫たち。

物凄い気の小さいビクビクした猫でした。
3ヶ月程で来なくなりました。

今年に入ってから来ていた、“ボス2代目”。
以前よく来ていたボス程デカくはないけれど、そこそこ大きいし、ボスにそっくり。

今年の猫たち。

多分同じ血統でしょう。
兄弟なのか、親子なのか。

ボス2代目が見えなくなって直ぐに来はじめたのが、貞子。
小柄で美人なので、メスだと思っていました。

今年の猫たち。 今年の猫たち。

貞子はわりと怖がりません。
寄ってきたり、触らせてくれたりはしませんが。

その後、どうも我が家の軒下で3匹の子を産んだ、“ママ”。

今年の猫たち。 今年の猫たち。

大層怖い顔。
怖い顔して、私を見つけると餌を要求してきました。
いつも飢えていたし、何より子猫におっぱいをあげていましたから、出来るだけ餌をあげました。
子猫もどんどん育って、ある日一家で消えました。

そうしたら、空きになった軒下に、1週間くらいの内に貞子が黒猫の親子を連れてきました。
様子を見ると、どうも貞子の嫁と子供の様です。

今年の猫たち。 今年の猫たち。

ママ2号はとても小さくて、本人もまだ子供みたいです。
食事もままならず、居場所も安定しなかったのか、ガリガリのボロボロでした。
子猫もなかなか育ちません。
私は相変わらずの餌出しマシーンです。

ママ2号が自由にしている時は、貞子が子守りをしています。
いつも見守る目線で見つめています。

今年の猫たち。

授乳が終わるまでに、私に馴れてくれないかなぁ。
私を見ればシャーシャー言いますから、無理でしょうねぇ。

ママ2号は本当に小さな猫です。
また直ぐに妊娠させられたら、死んでしまうんじゃあないかしら。

プロの愛護団体なら、簡単に捕獲できるのでしょうが、私にできるのは馴れてもらう事からです。
餌も基本的にはあまりあげません。

仲良しの貞子とママ2号。

今年の猫たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

うっかり貞子さん

貞子さんは我が家をテリトリーに暮らす野良猫。
多分オス猫です。

ガン見。『おい。飯!』

貞子さん

『お、新しい水か!ヨシヨシ。どーれ。』

貞子さん

『ん?』

貞子さん

『あ!』

貞子さん

『カリカリや!』

貞子さん

『なに、なに?父ちゃん。』

貞子さん

『あ!それ、旨いの?』

貞子さん

『父ちゃん!変わってくれよー。』

貞子さん

普段、私が側に居ると、少し離れて『早く引っ込め!食べられないじゃないか!』と、シャーシャー威嚇するのですが、この日は暑さと空腹でボーッとしていた様で、うっかり私の足元に来て食べ始めました。

水をたっぷり飲んで、少し食べたら、ハッ!として、父子ともにさっと散って離れました。

1メートル足らずの位置で、いつもの様に『早く引っ込めよー!』とそわそわするので、玄関の中に入ったら、安心してゆっくり食べに戻ってきました。

貞子さん

ここまで近づくのに何ヵ月もかかっています。

本来は餌付けして、取り入って、捕獲して去勢・避妊して、戻すためのおやつをあげていた程度でしたが、現在貞子の嫁?らしきママ2号という小さな母猫が、写真の黒い仔猫とその兄弟を3匹育てているので、授乳の為に特別にほぼ毎日ご飯をあげています。

小さな身体で3匹も育てるのは大変らしく、ママ2号が産まれて間もない仔猫を連れて我が家の軒下に越してきた時は、ガリガリでボロボロで、かなり攻撃的でした。
最近は少し穏やかさも出てきた様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

胡瓜

最近また、胡瓜ブームがきました。
今年は高いので、控えめに食べています。

今年よく作るのは胡麻油のサラダ。

胡瓜1〜2本を縦半分に切って、薄すぎない斜め切りに。
大葉を10枚、まとめて10円玉位の大きさに手で千切る。
竹輪を2〜3本斜めに薄めに切る。
たっぷりの糸唐辛子(無ければ粉の唐辛子少々)を。

胡瓜

胡麻油をひと回し、白だし(無ければ、白だし+醤油の代わりにめんつゆ)、醤油、お酢少々、ほんの少しのマヨネーズでよく和え、煎り胡麻(白でも黒でも両方でも)をたっぷり入れて軽く混ぜる。

胡瓜

さっぱりするし、大葉がたっぷり使えるし、美味しいし。

胡瓜

実はこの糸唐辛子、スーパーで横を通りすぎたおじさんが、ガサガサと棚から落としたのを目撃し、帰宅したら袋に入っていたもの。
たまたま混む時間に買い物したせいで、袋詰めの店員さんが付いて下さり、帰宅するまで気が付かなかったのです。

おじさんの慌てっぷりを思い出したりして、何だか笑えてきてしまい、面倒だったのもあり、まぁ買った事ないし何かに使ってみるか!って思って、冷蔵庫に放り込んでおいたモノ。
このサラダにはバッチリです。
美しいしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »