« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月24日 (木)

お誕生日。その2

昨日は友人と広尾のイタリアンへ行ってきました。

広尾商店街の左奥にある、ポンテ デル ピアットというお店です。

アミューズのひと皿。

お誕生日。その2

一番右の、紫蘇を練り込んだフリッターみたいなお料理が、紫蘇が面白い風味になっていて、カリッサクッモチッと意外な食感と相まって、始まりから楽しいひと口でした。

イカ墨とじゃがいものスープ。

お誕生日。その2

最近流行りのカプチーノ仕立て。
見た目よりもずっと濃厚なイカ墨とイカのお味で、なるほどこのムースみたいな泡が軽やかにしてくれています。

稚鮎のフリット。

お誕生日。その2

稚鮎ですがしっかりきっちり苦味があり、でも爽やか。
初物が嬉しくもありました。

ポルチーニ茸とポテトを詰めた太刀魚のロースト。

お誕生日。その2

非常に香ばしく焼いてありますが、蒸してあるので身が驚くほどふわふわホロホロと、口の中でほどけました。
母の作る太刀魚料理がひどすぎて、ずっと大人になるまで太刀魚が大嫌いでしたが、料理人の友人に食べさせて貰って以来、太刀魚の美味しさを知りました。
美味しいですね。

パッケリという太くて短い穴あきパスタに、ハモのコンフィとしし唐を合わせたもの。

お誕生日。その2

イメージなら獣肉などを合わせそうな感じですが、ハモ!しし唐!ジャストなお味でした。

サザエとイカのジェノベーゼソースでリゾット。

お誕生日。その2

綺麗ですね。

ホロホロ鳥のローストにサマートリュフ。

お誕生日。その2

最近定番のようになってきた、低温調理。
ホロホロ鳥の胸肉を低温調理でジューシーに仕上げてありました。
柔らかさが素晴らしく、しっかりした存在感はあるのにとても柔らかくて弾力もある。
お肉にうっすらと、でも主張のあるお味が付いていました。

豆乳のヨーグルトと薔薇のジェラート。

お誕生日。その2

酸味の強い豆乳のヨーグルトがムース状にしてあり、香りの強い薔薇のジェラートが。
私には香りがきつすぎましたが、合わせて食べる事を勧められたのに納得。
合わせると、ヨーグルトの爽やかさが口当たりを変えてくれました。

メロンのスープにカモミールのゼリーとココナッツギモーヴとココナッツジェラート。

お誕生日。その2

メロンはアレルギー、ココナッツは苦手。の組み合わせでしたが、合わさるとわりと大丈夫でした。
最初に苦手食材を聞いて下さいましたが、好き嫌いだけでなく、軽いアレルギーなど細かく色々あるし、思い出せずに、『ありません。』と言ってしまったので、幾つか苦手食材が出てきましたが、意外に美味しく食べられたりもして面白かったです。

珈琲とプチフール。お誕生日仕様!

お誕生日。その2

この皿の、ほおずきのホワイトチョコレート掛けが、衝撃的に美味でした。
ほおずきはたまにレストランで戴きますが、もう、まったく違うレベルに美味しかった!
バランスが素晴らしい。
多分、長い時間記憶に残ると思います。


久々に大満足なディナーでした。
昨年まで、有名店のあった場所に4ヶ月前にオープンされたそうで、まだオープン間もないので、混み合わずにゆっくりできるし、とても濃いサービスが受けられました。
ソムリエのバッジを付けられた野間さんとおっしゃる方がサービスに付いて下さいましたが、笑顔がまた素敵です。
作られる方の感謝や誠意が感じられるのも、素敵さのひとつでした。

ご馳走さまでした。

そして、お誕生日だからと、友人がご招待してくれました。
もうひとつ、ご馳走さまでした。

『PONTE DEL PIATTO』

渋谷区広尾5-19-7 協和ビル1F

03-3473-0707

ランチ11:30〜15:00
ディナー18:00〜23:00
月曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

お誕生日。その1

昨日がお誕生日でした。

5年以上も前から、欲しいけど、ちょっと贅沢な値段。て事で迷っていた、調理用のボウルを買いました。

柳宗理のステンレスボウル。19センチ。

お誕生日。その1

とりあえずは、一番欲しかったサイズです。
最小サイズと大きいサイズのと、セットになるザルはまた別の機会かな。

ボウルなんて百円ショップでも買える時代。
しかも真面目に料理をするわけでもなく。
二千円もするボウルは、私の中では贅沢です。

買う決心はしたものの、一応先ずは手に取ってから決めようと考え、お誕生日の昨日、ずいぶん前に初めてこのボウルに出会ったお店、D&DEPARTMENT へ行ってみました。

ノックアウト。やっぱりいい。かつて惚れた時とは少しデザインが変わった気がしますが、良いものは良い。
ステンレスの質もかなり上質。
使い込みに耐えるであろう存在感。

普段から、気に入ったもので替えのきくものは、年単位で考える癖がありますが、今回はかなり長かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

玉葱

ここ最近体調が悪いのですが、少し前から玉葱が食べたくて食べたくて仕方ない日が続いています。
間違いなく身体が欲しているタイプの欲求です。

スーパーへ行ったら、紫玉葱が10個ほど入ったネットが138円!買うでしょ〜

丁度見切り品だったカレー用の筋っぽい豚肉を見つけました。
固い肉大好き。
でも、今回はサラダにしたかったので、日本酒を加えたお湯で、沸騰しない様にゆっくり加熱してそのまま冷ましました。
冷めたら薄切りにして、たっぷりの生の紫玉葱と、青紫蘇と胡瓜もたっぷり使って常備してあるヌクチャムで和えただけのサラダ。

玉葱

玉葱

こちらは紫玉葱、同じく低温で加熱した豚の切り落とし、たっぷりの舞茸をヌクチャムで和えました。

玉葱

紫玉葱と豚肉とヌクチャムはとても相性が良いです。
夏は特に重宝する調味料を兼ねたソースです。

私なりのヌクチャムですが、作り方は、二つ前の記事『紫キャベツのベトナム風サラダ。』の最後に乗せてあります。
よろしければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

寒天

毎年夏になるとゆるいゼリーを作ります。

ここ何年かは豆乳ゼリー。黒蜜をかけて頂きます。

豆乳ゼリーの前にハマったのは、炭酸のゼリー。
食べる時にシュワシュワします。
梅酒や梅シロップをソーダで割ったのや、レモンスカッシュ何かで作ったり。
プルプルでシュワシュワです。

その前はうんと柔らかいグレープフルーツのゼリーに固めのレモン味の角切りの寒天を沈めるの。

そのまた前は珈琲ゼリーを器の中で粗く切って、牛乳をヒタヒタに注いで食べるの。

今年は何故か寒天にハマっています。
ゆるゆるの牛乳寒天。

寒天

大きな硝子の鉢に作って、たらたらと食べてます。

ミルクティ味も。

寒天

牛乳寒天、ゆるーく作ると美味しいです。
みつ豆に入ってる寒天とは大分違います。
ゼリーも美味しいけど、寒天はすぐできるし、少し暖かい内にも固まるので、作ってすぐにだけは温い牛乳寒天が食べられます。
これも楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

紫キャベツのベトナム風サラダ。

ベトナム料理にあるとか、そんなお料理ではないのですが、何となくベトナム味でこんなのが食べたい!って料理を、適当に作りました。
しかしながら、まさにありそうな料理。

『紫キャベツと香菜と挽き肉のサラダ。』

それだけが頭に浮かんだので、ほぼそれだけのサラダです。
お酢のおかげか、紫キャベツがとても美しくなります。

〈材料〉
紫キャベツ…半個
セロリ…大1本の下半分、太いところだけ。
鶏の挽き肉…適当(今回は肉っぽいのが食べたかったので、モモ50g、ムネ150gで200g程。)
香菜(コリアンダー・パクチー)…ひと束
ピーナッツバター(チャンクタイプ)…大さじ1程。
ヌクチャム…適量
お酢(レモン汁)…適量
サラダ油(ピーナッツオイル)…適量

〈作り方〉
紫キャベツは千切りに、セロリはごく薄切りにして、大きめのボウルに入れておく。

香菜は根っこの部分は良く洗い、髭根を取り除き、微塵切りに。
その他の部分はざく切りにしておく。

フライパンにサラダ油(今回はピーナッツオイルを使用)少々と鶏挽き肉を入れて火をつけ、中火でほぐしながら炒めていく。
大方火が通ってきたら、ピーナッツバターと香菜の根っこを入れ、ヌクチャムを適当に加えて(今回は大さじ4杯位かな。いや、もっと入れたかな?)良く混ぜながら炒め、水分が減ってきたら、熱々を野菜の入ったボウルへ入れて良く混ぜる。

紫キャベツのベトナム風サラダ。 紫キャベツのベトナム風サラダ。

冷めているか確認して、香菜を入れ、手で良く混ぜて味を見る。
ヌクチャムとお酢(今回はレモン汁)で、味を整える。

紫キャベツのベトナム風サラダ。 紫キャベツのベトナム風サラダ。

時間が経つと味が馴染むけど、食べてる時の際立った味の変化は少なくなります。
大量に出来るので、出来立てと時間を置いたのを両方試してね。

紫キャベツのベトナム風サラダ。

※ヌクチャムの作り方。
私の作り方ですので、本物とは違うと思いますが、参考までに。

空き瓶に、ナンプラー(ニョクマム・ヌクマム)3、砂糖2、お酢(私は安物の米酢を使用)2、水2、刻んだ唐辛子(乾燥でも)適宜。以上を入れ、蓋をしてシャカシャカ。そのまま冷蔵庫で保存。乾燥タイプの唐辛子を使う時は、後から辛味が強く出てきますのでご注意を。
ちなみに私は、味が濃いめのナンプラーを使っています。

紫キャベツのベトナム風サラダ。

超簡単です。
ベトナムサンドイッチに使うなます(千切りの大根と人参を一緒にしてヌクチャムで和えるだけ)を作ったり、生春巻きの付けダレにしたり、しゃぶしゃぶサラダにかけたり、色々と使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

ちりめん山椒

最近あまりお料理をする時間も気力もないのですが、季節ものだけは悩みます。

もう終わりですが、実山椒の季節です。
ずいぶん前に幾度かは作りましたが、そこまで好きという訳ではないし、嫌いな作業ではありませんが、実山椒の掃除というか下ごしらえが結構大変なのに、季節は短く、すぐにやらないと傷んでしまいます。

そんな時に知人が、とある料理研究家の方のレシピでちりめん山椒を作った!と、ツイッターに写真をアップしていました。
それがすごく美しかったのです。

それを見たら、作りたくなってしまいました。
しかし、近所のスーパーに出ていた実山椒も、もう見当たらなくなり、あきらめていましたが、一回分の下処理済みの冷凍した実山椒を頂きました。

直ぐに作ろうと、京都のちりめん山椒に使われているような、美しいちりめんじゃこを探しましたが見当たらず。まぁ、元々ちりめんじゃこよりも小女子の方が好みだし、しっかり目のちりめんじゃこでいいか。と、しっかり目のちりめんを買いました。

お醤油も、薄口醤油を使うレシピなのですが、家に無いので、これまたまぁ、いいか。です。

ちりめん山椒

結果、上品さには少々欠けますが、なかなか力強いちりめん山椒が出来上がりました。

そして、このちりめん山椒の美味しい事!
先ずはお米から炊いたお粥で。

ちりめん山椒

次に炊きたてご飯で。

ちりめん山椒

私は最近、もち麦にハマっているので、当然麦飯です。これまた合います。

ホントに美味しい。そして安上がり。
私が1回分の実山椒を頂いたのが、レシピを作られたご本人だったので、実山椒の処理が上等なのもあるのでしょうが、比較的簡単に出来そうですよ。
是非とも試してみてほしいです。

柳瀬久美子先生のレシピです。

ちりめん山椒

ちりめん山椒

キューピー3分クッキングで、6月と7月の土曜日を担当していらっしゃいます。
6月の2回目に、このちりめん山椒をご紹介されたので、3分クッキングの6月号を買うと、レシピと作り方が出ています。(→3分クッキングのホームページ:http://www.ntv.co.jp/3min/recipe/20140614.html ちなみに6月1回目の、水抜き豆腐とアボカドのカルパッチョも、すごく良いですよー!美味しいし、夏らしいし、簡単!ソースが素晴らしいの。また紹介しますね。)

来年は走りの時期に実山椒を買って、1年分冷凍ストックしたいと燃えています。
そして、薄口醤油も買いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »