« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

『風見規文 高木紀子 展』

今日は、先に京橋のギャラリーでの『マスだ!展』のオープニングで知り合ったアーティスト、風見規文さんの二人展を見に、早稲田へ行ってきました。

『風見規文高木紀子展』

フレスコ画です。
私はフレスコ画の事は皆目分かりませんが、すごく素敵な展示会でした。
私の知るフレスコ画は、“イタリアの古い建物に施してある装飾絵画?”これが全ての知識でした。(この知識?が正解なのか不正解なのかも分かりません。お恥ずかしい話です。)

なので、フレスコ画というよりは風見規文さんの作品として、の私なりの感想です。

描くための材料は透明感のないマットな、正に壁の様な素材なのですが、何とも言い様のない透明感がありました。
ご本人はエネルギッシュな方ですが、グッと押さえた、込めた様な印象を受けました。
きっと大きな作品だと、また全然印象の違うものになるのでしょう。

簡単に言っちゃうと『好き』な作品たちでした。

こちらで事前にお知らせしたかった展示会でしたが、私もギリギリに知って、本日最終日でした。
残念です。

この次はきっと紹介しますね。

そうそう。この展示会の開催されたギャラリーが、また素敵でした。

『風見規文高木紀子展』 『風見規文高木紀子展』

1階がショップとギャラリーになっていて、上は住宅なのだそうです。
30年ほど前に(!)、複数のアーティストが関わって建てられたのだそうです。
奥にも彫刻が配されていたり、メールボックス等もそれは楽しく興味をそそられるモノでした。(個人のお宅なので、写真は控えました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

最近のご近所猫

一気に初夏のような日になりましたね。

気候が完全に変わったからか、いつもの場所にいつもの猫たちが居なくて寂しいので、あちこち覗きこんだりジロジロ見たりと挙動不審になってしまいます。

そのスポットは、ホントにいろんな人が覗いていきます。
でも、猫たちは知ったことじゃない訳で、好きなように居場所を移動します。

昨日は同じ様にいつもの植え込みを覗きこんで、やっぱり居ないな…と心の声が聞こえてくるほどのガッカリ顔をした男性を見かけました

木の影でやっと見つけた猫さんたちです。

最近のご近所猫 最近のご近所猫

2枚目は新顔。首輪をしていましたが、ボロボロになっているように見えたのでちょっと心配。擦り寄って来ないので、怖い思いをしたのか、野良に返り咲いて長いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

砂肝〜

砂肝が安くなってるのを、久々に見つけました♪
砂肝は肉類の中で一番好きかも
ザクザク切って味噌煮にしました。

よく洗って5ミリくらいに切って、水から二度茹でこぼします。

砂肝〜〓

一度目。スゴいアクがでます。
砂肝をザルに空けてよく洗います。お鍋もしっかり洗います。

砂肝〜〓

二度目はほとんどアクは出ません。
再び砂肝もお鍋もよく洗って、水、酒、味醂(又はお砂糖)、唐辛子、味噌を加えて汁気が無くなるまで、時々混ぜながら煮ます。

砂肝〜〓 砂肝〜〓

汁気が少なくなったら焦げ付かない様に火加減にも注意して。

砂肝〜〓

普段はお味噌の代わりにお醤油を使うのですが、今回は唐辛子を利かせて味噌あじにしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

何で紅葉?

昨日、もみじとしか思えない樹を数本植えてある庭を見かけたのですが、何だか変だなーって思っていたら、紅葉しているのです。
写真、分かりにくいですが、竹の間から見えている紅いのがそうです。

何で紅葉?

もみじって、この時期に紅葉したっけ??
数本ある樹が全て紅葉していたので、自分の方が信じられなくなりました。

今日、出先でたまたまもみじの樹をまた見かけましたが、こちらは青々と新しい葉っぱが繁っていました。

何で紅葉?

やっぱり今のもみじは青いですよね…

昨日見た紅葉したもみじは何だったのでしょうか。

そういう種類があるのでしょうかねぇ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

桜吹雪が文字通り目に入りそうな日でした

今日は風が少し強い日でした。

丁度八重桜が満開なので、見事な桜吹雪が見られました。
吹きだまった様子は、枯れた花びらが無いので、ふわふわの綺麗な見とれる様な花溜まり。

 

道草もまるで雪に埋もれているかの様に、ピンクの花びらに埋もれていました。

道行く人も足を止めて見とれていました。

どうせ散ってしまうなら、塩漬けに少し頂きたかったな。

今年はお花見が出来なかったので、見られてラッキーな風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

石川町イタリア山庭園

先日ご紹介した『花散歩』花写真散歩の会写真展へ行ってきました。

石川町の駅からすぐの、山の上?丘の上?にある、イタリア山庭園のブラフ18番館ギャラリーで開催されたのですが、初めて行きました。
すごく素敵な、花のあふれる異人館?の様な施設です。

駅からの道も、急な坂ではありますが、なかなか素敵なお宅が並んでいます。

石川町イタリア山庭園

そこで見かけたお花ですが、ツツジだなーと思いつつもちょっと不思議な感じがしました。
お花の付き方でした。
こんな風に花束の様な花の付き方をするツツジは、初めて見た気がします。

雨だったせいもありますが、素晴らしい色で一斉に咲き誇っていて、見とれてしましました。

イタリア山庭園のお庭も花がたくさん咲いていて、写真展は花がテーマで。

お花尽くしの午後でした。

夜はすぐ近くの中華街まで歩いて、友人たちと美味しい中華をいただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

茗荷と小女子の和え物

香りの良い野菜をたっぷり食べたくなりました。
茗荷が出てくると作るお惣菜です。
茗荷の安くなる時期は、オクラも紫蘇も安くなってきます。大好きな小女子も新物が出回ります。

お湯を沸かす横で、オクラひとパックを小口に薄く刻んで、大きめのボウルなどに入れておきます。
乾燥した小女子をひとパックをザルに入れて熱湯をたっぷりかけ、よく湯切りをして熱いうちにオクラの上に入れます。オクラに熱が伝わって、粘りやすくなります。
茗荷ひとパックは縦半分に切り、更に小口に薄切りにして加えます。
紫蘇ひと束も縦半分に切り、重ねて横に細切りにして、手でほぐしながら加えます。
鰹節もひとパック加え、煎り胡麻もたっぷり。胡麻は黒でも白でも気分で。私は両方入れるのが好きです。
好みで七味唐辛子も加えて、箸でよく混ぜます。
よく混ざったら、出汁醤油を加えてよく混ぜます。薄めに味を付けた方がサラダみたいにたっぷり戴けるし美味しいです。

私は大きめの保存用タッパーで直接作り、そのまま冷蔵庫に保存しながら毎食ザクザクと食べます
(今回は鰹節が無くて入れてません)

茗荷と小女子の和え物

茗荷って旨いねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

あんこちゃん♪

急に甘い物が食べたくなったのですが、我が家にあるのは黒砂糖くらいです。

ストックの籠を覗いたら、先日セールになっていたので購入したまま忘れていた小豆がありました。
そういえばお赤飯を炊こうと思って買ったのでした。

小豆は浸水がいらないから便利ですね。
すぐに茹で小豆が出来上がりました。
黒砂糖も入れて、コクのある茹で小豆が完成しました。
たくさん炊けたので、食べる分以外は一食分づつ小分けにして冷凍♪

あんこちゃん♪ あんこちゃん♪

シンプルに出来たてに牛乳を入れて食べました。
美味しかった〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

失礼しました

昨日携帯電話を買い替える羽目になったのですが、実際昨日、致命的に壊れる前も既にモニターも壊れいました。
カメラは撮れている様なので、そのまま撮影した写真の確認も出来ないままにブログの更新をしていました。

新しい携帯になって確認してびっくり。かなりひどい写真がたくさん。
大変失礼しました。

これからは少しはマシな写真を載せられると思います。
でも時々は、前の携帯で撮影した写真を使うのですけれど…

新しい携帯にしたら、こまごまと些細な問題も発覚し、今日は電話したりネットワーク上での登録をしたりと、結構面倒臭い事になっています。とほほ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

とうとう

昨夜遅く、とうとう携帯が使えないレベルに壊れてしまいました。

ずっと、少しづつ少しづつ壊れてきていたのですが、どうにか使えていたので知らんぷりして使い続けていました。

そして昨夜、ただの電話機になっちゃいました。
さすがに話をするだけの機能ではどうにもならないので、仕方なく新しい携帯を買いました。

先ほどの話なのですが、もう既にウンザリです。
使い勝手の違いにイライラ。
データがどこに入っているのかが分からずイライラ。

明日は携帯に捧げる日曜日になりそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

アルジェリア話。最終回?

タマンラセットから帰る途中で立ち寄った、とても戒律の厳しい砂漠の真ん中の小さな街。何て街だったかしら。
この街の名前も思い出せません。
タマンラセットのホテルでガイドブックを見ていて、急に行きたくなって訪れた街です。
ガイドブックには敬虔なイスラム教徒の集まる、総本山的な街だと説明があった様に記憶しています。

本当に美しい街でした。

女性は片目が三角に見えている他は、すっかり隠れていて、教科書に出てくるアラブ女性そのままでした。

そして、泊まったホテルがまた素敵でした。大まかには土で出来ていて、ロビーの窓にはガラスが無く、床はしなやかな絨毯が敷き詰められていて。
ガラスの無いフレームの様に四角い穴だけの窓から見えた空が忘れられません。

砂嵐で飛行機が飛ばないなんて、想像したこともなかった。
“雨”じゃなくて“砂”が降る街。

もう1泊する羽目になり、パリに戻る飛行機に乗れるか心配になりました。
意外と神経質な私は、1日予備日を設けていたので、1日だけならセーフ。
砂嵐が2日おさまらなければ、かなりの面倒事が始まってしまう。
到着した日に始まっていたクーデターのせいで、国外へ出るのが結構大変になっていた様子だったのです。

空港でのアナウンス等をフランス語に通訳してくれた、同じ飛行機に乗る予定だった現地女性に、焦りながら色々とアドバイスを貰いました。
しかし、そのアドバイスも、半分は以下の様なやりとりで、ボー然としました。今となっては笑えますが。

私『え飛行機飛ばないの?』
現地女性『インシャラー』
私『…砂嵐?いつもは夜まで続く?』
現地女性『インシャラー』
私『…明日まで続く事って良くある?明日は帰れるのかなぁ…』
現地女性『インシャラー』
私『今夜のホテルはどうしよう…』
現地女性『インシャラー』
私『イ、インシャラー?』
現地女性『インシャラー』

最後には現地女性も笑いながらの『インシャラー』でしたが…

その時に胸に刻み込まれるように使い方を覚えた言葉が『インシャラー』。
フランス語に訳して説明して貰ってびっくりするやら、それまでの旅での事が腑に落ちるやら。
『すべてはアッラー(神)の采配』要するに『神のみぞ知る』ってヤツです。

さすがに、いくら私でも、ここまで言われれば諦めました。
アッラーに勝てる人は居ないのです。
“アッラーの国の人だもの”ってね。

総じて女性は美人で素敵な人が多かったです。
街中ではすごく控え目というか前に出てこない感じですが、女性だけ(または家族だけ)になると、意外な程に明るくて派手な感じです。ちゃんとキャピキャピしてたりしてびっくりします。
そして、かなり皆さんセクシーです。

男性は…ま、色々…
私たちが女性2人連れなので、いわゆる男性が女性に対する態度を見る場面がほとんどなので、『何考えてんだよっ』って事が多いのでした。
おじさんやおじいさん達は、ものすごく親切でした。
基本的には、子供連れ、女性、外国人(多分=旅人だと思う。)は、特別に扱っていた様です。
どこの国でも、外に長時間居る事が命に関わる場所では、旅人にとても親切にしますよね。
砂漠の民は、ずっとずっと昔から、旅人を手厚くもてなしてきたのでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

アルジェリア。首都『アルジェ』

アルジェはあまり好きになれませんでした。
湿度が高いからかもしれません。その高い湿度のせいかと思いますが、泊まった安ホテルでゴキ○○に恐ろしい目にあわされました。

市場は面白かった!それはもう映画みたいにすごいエネルギーが溢れています。
サボテンの実がフルーツとして売られているのを初めて見ました。薄ら甘いパンチのない果物。
高級フルーツ王国ニッポンから来た民族には、物足りない味ですが、素朴さで勝負かな。

活気溢れる市場に引き替え、スーパーマーケットはガランと広い割に、品数はほぼ3つといった感じ。

スリに、安価なるもかなり大切な度入りのサングラスを盗まれ、ますますアルジェ滞在が嫌になりました。
だからではありませんが、ちょっと遠足?へ。
何といったか、海辺の街。

アルジェから電車に乗って、子供時代をアルジェリアで過ごした妹の友人にお薦めされた海岸の方へ足を延ばしました。

更にそこから、やはりオススメの遺跡を見に行きました。
そこはすごく素敵でした。
ちょっと森みたいなジャングルみたいな、そんな場所もあって。
まったくの異空間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『吉窪茜個展10゜』

『吉窪茜個展10゜』

友人の個展です。
毎年続けてきた個展も10回目。今回は回顧的な展示にするそうです。

私が彼女と知り合って、まだ2年程しか経っていないので、知り合っていない頃の作品が見られるのも楽しみです。
とても不思議な魅力のある女性です。
ご本人は透明感のあるふわりとした感じの女性ですが、作品には芯の強さもあらわれている様に感じます。

『吉窪茜個展10゜』
2012年4月23日(月)〜4月28日(土)
月曜〜木曜12:00〜19:00金曜12:00〜20:00土曜11:30〜17:30

K'S Gallery
東京都中央区京橋3―9―2 プラザ京橋ビル3F
03―5159―0809
都営浅草線・宝町駅1分
東京メトロ・京橋駅3分
JR東京駅、有楽町駅・10分

『吉窪茜個展10゜』

ギャラリーの周りは、美味しいお店もありますし、少し歩けば銀座も近いし。
色んな“ついで♪”ができます。
お時間あったら、是非訪れてみて下さい。
私は今のところ、最終日土曜日に行くつもりです。
ご一緒したい人がいたら、直接メールしてねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

最近よく思い出す場所。砂漠の真ん中の空港。タマンラセット。

最近何故か時折ふと、アルジェリアのサハラ砂漠の端にあるタマンラセットという街の空港を思い出します。
薄い透き通った青い空。乾いた空気と砂っぽい感じ。ひんやりした床。
別の街へ移動する為の飛行機を待つ間、他に誰も居ないガランとした空港で、妹と二人で空の見える窓の横に座って居る風景です。

もっと思い出深い場所なんて、幾つもあるのに。

タマンラセットは素晴らしい街でした。
昔から豊かなオアシスだった事が良く分かります。
車はそんなにたくさんは走っていませんでした。走っているのは4WDばかり。“トヨタ”と呼ばれていました。
日本産のTOYOTAは、壊れにくく修理も簡単だとダントツの人気でした。

ラクダはまるで原付のような扱いで、普通に移動手段として使われています。
歩く人もとても多く、陽が陰る頃になると、ワラワラと歩く人やラクダに乗った人がどこからともなく出てきます。
街灯も無いのに、彼らには見えるのだそうです。

街の周りには、サハラ砂漠の民ベルベル族(いや、トゥアレグ族だったかな?)の集落があります。
お土産にアクセサリーを幾つか買いましたが、街中のお店とは違ってただの四角いひと部屋だけの、土のままの家に、布を敷いて、直接アクセサリーが並べてありました。
きっと自宅なのでしょうね。

山羊市場も壮観でした。
広い広いスペースが柵で囲ってあり、人の数より多い褐色の山羊たちが放されていました。
あちこちで商談をしています。

私たちがアルジェリアへ入って直ぐに、首相(だと聞いた)が暗殺され、情勢が不安定になっていたらしく、その時タマンラセットの街に居た外国人は私たち二人を含めても4人だけでした。
タマンラセットから24時間、4WDと運転手をチャーターしてしか行けない、山の上にフランス人宣教師が人力で建てた、『フーコー教会』へ行くために、街に居た私と妹と、ベルギー人の男性、ドイツ人の男性と4人(要するに街に居た外国人全員)集まって、ようやく車を借りました。
その運転手のおじさん(あだ名で“お母さん”と呼んでた)が、道すがらあちこち寄り道してくれたのがベルベル族(トゥアレグ族?)の集落や山羊市場、砂漠の中の水汲み場などなど。

昔から伝わる、水を腐らせないで持ち歩く方法を見せてくれたり(生水である事をすっかり忘れ、腐ってないからと飲んだ私は激しくお腹を壊しました)、途中で摘んだ、まさに“道草”遊牧民のハーブでお茶を煎れてくれ、奥さんが持たせてくれたというやたらと美味しい、フランスパンを使ったピザの様なお弁当を分けてくれました。

ベルギー人の若者(あだ名は“お父さん”。年下なのに!)は、山羊市場で買った砂漠の甘いメロンを、手持ちのナイフで超格好よく切り分けてくれました。

山の頂上まで、崖を登った所に建つ『フーコー教会』から見る夕陽は、それは素晴らしいものでした。
そこら辺に、野山羊がウロウロしていて少しびっくりしたけれど。
生水飲んでお腹を壊していたけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展『花散歩』

写真展のご案内です。

写真展『花散歩』

女性5名での写真展、『花散歩』花写真散歩の会写真展。

友人の事務所のスタッフの女性が出品するので、私も行ってみようと思います。
場所も横浜の山手町ですから、お天気が良ければ良いお散歩も出来ますね。
中華街も近いので、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

『花散歩』花写真散歩の会写真展
2012年4月19日(木)〜24日(火)
10時〜16時(初日は13時〜。最終日は〜15時。)
ブラフ18番館ギャラリー(イタリア山庭園内)
神奈川県横浜市中区山手町16番地
045―662―6318
JR石川町駅・元町出口 徒歩5分
みなとみらい線元町中華街駅・徒歩16分
桜木町駅より神奈中バス11系統 イタリア山庭園前バス停下車・徒歩2分

写真展『花散歩』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

お稲荷さん♪

昔、お稲荷さんの素として、味付けして煮上がったお揚げの缶詰めがあった様に記憶しています。
記憶では、甘過ぎで缶臭くて美味しくなかったなー。

最近は技術も発達して、味を濃くしなくても、缶に詰めなくても、常温保存の可能なレトルト食品がたくさん出ています。

お稲荷さんの素?も、あります。
もちろん自分で炊いた、甘味の強くない、色も薄い、お揚げの味が残っているお稲荷さんの方が美味しいに決まっているのですが、手間が掛かり過ぎて少しくらいの量を作るのがもったいないからと、結局大量に作ってしまいます。

ちょっと食べたいのがお稲荷さん。大量に、何日も食べたい訳じゃない。
カレーじゃないんだからね。
そこで便利なレトルト物。

お稲荷さん♪ お稲荷さん♪

2、3年前に試して、意外に美味しかったので、気が付くと買い置きします。
ひと袋に5個分のお揚げのパックが2つ入っています。
ご飯茶碗1杯強で、5個のお稲荷さんが出来るのです。超楽チン♪
お揚げを煮る手間が要らないので、ご飯に少し手間をかける気にもなるというもの。
私はシンプルに、酢飯に煎り胡麻たっぷりと刻み生姜が好きです。

お稲荷さん♪

はい。ドーン
冷凍ご飯をチン♪して、市販の寿司酢にお酢を足して好みの味にしておいた物を使って、具は黒胡麻のみ。ものの20分で食卓へ。

便利な世の中や〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

『成田真澄・後藤竜太 陶芸展』@益子

友人の成田真澄氏が益子で展示中です。
お近くの方、ついでのある方、ご興味のある方は是非足をお運び下さい。

『成田真澄・後藤竜太 陶芸展』
2012年4月8日(日)〜5月6日(日)
水・木曜休廊(4月28日〜5月6日の陶器市中は無休)
11:00〜18:00

GALERIE MER DU CIEL (ギャラリー メール ド スィエル)
栃木県益子町益子799―2
0285―81―5538

今回は花器を中心にした展示のようです。

行きたいなー。行けるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

これは雑草ではないだろうな。

とても雑草には見えない、高級感のある花がたくさん咲いていました。

これは雑草ではないだろうな。

わざわざ植えたとしか思えない、花屋さんでも売っていそうなお花です。
でも道端にたくさんあるし。
何の花かなぁ…

関係ないけど和むシリーズ?

これは雑草ではないだろうな。

ムーミン谷のクッキーです。かわいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

もはや家計簿とは言えない…家計簿のまとめ書き。一年分

ずっと家計簿らしきものをつけていますが、昨年からサボっていました。
必ずやるつもりで、レシートだけは袋に分けて保管していましたが、恐ろしい量になってしまい、今日ようやく手を付けました。

整理してびっくり!何と一年分余りも出てきました。
交通費や交際費など、もはや分からない物はこの際無視して、分かるだけでもつけようと今日は夕方から何時間もかかってやっています。

あまりの辛さに、料理に逃げたりもしながら。

深夜の今、終わらせる意気込みがヘタって来ています。絶対今夜中にやる!
終わるまで寝ない!
と、何度も口にしないとへこたれそう。

家計簿とは言えなくなってきた

関係ないけど、呑気に庚申塚の上でボーッとしていた猫さんです。
なかなかの面構えでしたよ。

さて、まだまだ続く自分の尻拭い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

運気上昇♪

先の節分から、数年に渡り最低最悪だった運気が上昇に転じるからと言われ、指折り数えて待ちわびていました。
3月に入れば悪運気の残りカス?も一掃されるとも言っていました。

そして、節分も過ぎ、3月も終わり4月も中旬に差し掛かっていますが…

いや〜恐るべし節分。
見事にガラリと運気の流れが変わったのが分かるほどでした。

旧暦で生きようかしら…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

お見事

ご近所の路地の奥のお宅で見つけた梅の樹です。(多分)

 

紅白隣り合わせに植えてあり、びっしりと見事に花を咲かせていました。

その後久々に見かけた猫さん。

最近見かけないので、猫さらいに捕まったのではないかと思っていましたが、気温の変化とともにお気に入りの場所が変わっただけの様です。

近づいて声をかけましたが、「お前なんぞ、しらんがな」とそっぽ向いて、悠々と立ち去られてしまいました。
相変わらずの片想いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

『カイバル』

以前、銀座一丁目で陶芸教室の講師をしていたので、銀座一丁目の界隈は縄張り感(笑)があったのですが、何人もから美味しいと聞いていて、何度かトライするもタイミングが悪くて行けていない、気になって仕方ないインド料理のレストランが銀座一丁目にありました。

先日、展示の会期中に来てくれた友人と食事へ行く事になり、ふらりと行ってみました。
電話しろ予約しろと友人に言われていたのですが、その夜は不思議に空いていてすんなり入れました。

行ってみたらすごく美味しくて、今まで行かなかった事が悔しいくらい。
数件先のカフェは、行き付けと言っても過言ではないくらい行ってるのに!

通り一辺ではない珍しい料理も多くて、インド料理がお好きなら是非一度訪れてみたら良いと思います。
銀座の真ん中からは少し離れますが、銀座一丁目の昭和通り辺りで食事しようと考えたら、オススメします。

『カイバル』
東京都中央区銀座1―14―6銀座1丁目ビル1階
03―5159―7610
月〜金11:15〜15:00/17:00〜23:00
土・日・祝12:00〜22:00
年中無休(年末年始を除く)

※後日、暇潰しにグルメサイトのコメント欄を見ていたら、予約できないと書いてある記事がありました。定かではありませんが、予約は出来ないのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

ありがとうございました

『集気鏡展』は、本日無事終了しました。

ありがとうございました〓

わざわざ足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。

題材も興味深い物で、参加作家も多岐にわたっていて、面白い展示になっていたと思います。

今までは、あまりこういった企画への参加はしてきませんでしたが、前回の『マスだ!展』もそうでしたが、複数のアーティストが参加する企画展にも、これからは参加していこうと思います。

横の繋がりを広め、深めるのも大切に感じ始めました。

現在参加が決まっているのは、6月14日〜19日にギャラリー銀座一丁目で開催される、『薔薇展』です。
この展示も、薔薇をテーマに複数のアーティストが表現します。
ギャラリーでは、ローズジャムや薔薇の石鹸を販売する予定でいるとの事です。
私は、陶のアクセサリーを出品する予定です。
また近くなったら、記事をアップいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

銀座2丁目『ミタスカフェ』

近所に咲いてる花も、今の季節は日々増えていきます。

今頃は椿も作り物の様に、隙のない花を咲かせています。

銀座2丁目『ミタスカフェ』

桜とはまた違ったピンク色です。

さて、銀座一丁目で開催中の『集気鏡展』も明日まで。
その会期中にギャラリーのご近所に新しくオープンしたカフェのご紹介。
オープニングに連れていって戴いたのですが、東銀座〜銀座一丁目界隈にはあまりない、落ち着けるし素敵な大人向けなカフェ&レストランです。
食べ物もすごく美味しいし、内装も素敵です。

友人が展示に来てくれる度に、そのカフェへ連れていっています。
結果、オープン以来日参です

『ミタスカフェ』
東京都中央区銀座2―10―8マニエラ銀座ビル1F
03―6278―7657
平日7:00〜23:00
土曜9:00〜23:00
日曜・祝祭日9:00〜18:00

モーニングやってるし、個室もあるし。
ちょっと使い勝手の良い、しかしながらちゃんと美味しくて雰囲気のあるカフェです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

え…海老チリ…

親戚が幾日か我が家に来ていたのですが、ずっと忙しかったので最後の夕飯くらいはと、何でも食べたい物を作ってあげるとリクエストを聞きました。
答えは“海老チリ”でした。

え…となりました。
実は作ったことが無い。
そんなに好物でもないので、中華料理屋さんで注文さえした事もほとんど…いや全然無いのです。

もちろん誰かと食事した時に他の人が注文したり、お弁当に入っていたり、受動的に食べた事は幾度もありますが、作る事を考えた事もない料理なので、どう作ったものか、正しい“海老チリ”の味付けが何なのか…。
知らないし、パッと思いつかないし。
かなり一般的な料理なのに、半ば想像で作る羽目になりました。

結果は美味しかったそうです。
私自身は、食べて尚出来上がった物が正解の“海老チリ”なのかが分からず仕舞いでした。

翌日は残った海老チリにゆるく炒めた卵も加えて、“海老チリらしき物丼”にして食べました。

え…海老チリ…

うん。美味しい
私はやっぱり『勝手な気まま料理』の方が落ち着きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

綺麗な桜と美味しい桜色

ご近所の桜がようやく咲きました。澄んだ青空に映えています。

綺麗な桜と美味しい桜色〓

こちらは線路脇の小さな夜桜。ひっそり咲いています。

綺麗な桜と美味しい桜色〓

今日、銀座で開催中の展示『集気鏡展』に来てくれた友人に、桜色の可愛いチョコレートを戴きました。

綺麗な桜と美味しい桜色〓

「おやつにどうぞ」と、多分展示中にチョイと食べられる物を選んでくれたのでしょうありがとう。
お腹が空き過ぎて、夕飯代わりに一気喰いしてまった事を告白しますm(__)m
だって美味しかったんだもの

たくさんの方がいらして下さっています。
ありがとうございます。
楽しめる展示だと思います。
引き続き、10日までよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

愛しの『東京フロインドリーブ』

昨日に続いてお土産シリーズ

遥か昔に友人に戴いて以来のお気に入りです。
差し上げても、戴いても嬉しくなるお土産です。

愛しの『東京フロインドリーブ』 愛しの『東京フロインドリーブ』

素敵でしょう?
広尾のドイツパンのお店の物です。
以前より大分垢抜けた包装になってしまい、少し残念ですが、まだまだしつらえも素敵です。びっしり、みっちり整然と詰め込まれています。

お味がまた美味しい。
『ちゃんとした材料で、ちゃんと丁寧に作ったクッキー』って感じます。

見る度に食べる度に嬉しいお菓子なんて、私にはそう無いので、これからもずっと無くなって欲しくないお店です。

愛しの『東京フロインドリーブ』

『東京フロインドリーブ』
東京都渋谷区広尾5―1―23
03―3473―2563

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

マッターホーンのバウムクーヘン

先日雨の中を自転車飛ばして買いに行くも、テレビの影響がスゴ過ぎて購入できなかったバウムクーヘン。
お土産にどうしてもホールがふたつ欲しいといわれて、予約して買ってきました。

お土産に頼まれたホールは、もちろん写真を撮れませんが、自分用に二切れ入りの小袋を買いました。

袋の絵が、可愛くて素敵です。

バウムクーヘンは、すごく美味しかったです。
しっとりとした、シンプルだけど独特なバウムクーヘンでした。

この二切れ入りの小袋で、280円。直径18〜19センチのホールは2000円。
今時のパティスリーよりは、安価かな。美味しいし!

『MATTERHORN』マッターホーン
東京都目黒区鷹番3―5―1
03―3714―0088
定休日:火曜日(祝祭日の場合は営業)

http://matterhorn-tokyo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

夜中の朱い花

夜、駅からの道をとぼとぼ歩いていて、ふと今まで気が付かなかった花に気が付きました。

なかなか大きく育った木に、びっしりと朱色の花が咲いていました。

夜中の朱い花 夜中の朱い花

夜中に見ると、怪しさまんてんです。

そしてこの花も何の花だか分かりません。


※後日“ボケ”の花だと分かりました。
言われてみれば似ています。私の知っている“ボケ”は、盆栽クラスからせいぜい膝くらいの高さの木で、腰の高さを越える物さえ見たことないし、花もこんなに大きいのは始めて見ました。
母に「色んな“ボケ”がある。」と、シュールな事を言われました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

集気鏡展

搬入してきました〜

今回は初めての試みもあり、試行錯誤でした。
2点出品します。

ひとつは集気鏡を置くタイプの作品です。
もうひとつは、集気鏡を組み込んだタイプの作品です。

今回は“気”を集めるといわれる金属の鏡“集気鏡”を使って、18名のアーティストがアート作品にする。という、テーマ&素材ありきの展示です。
搬入で、他の作家さん達の作品も幾つか目にしてきましたが、色んな素材のアーティストが参加するので面白い展示になりそうです。

集気鏡展

『集気鏡展』
2012年4月5日(木曜日)〜4月10日(火曜日)
12:00〜18:00(最終日〜17:00)

Gallery銀座一丁目

東京都中央区銀座1―9―8奥野ビル4階(エレベーターを降りたら目の前のギャラリーです)
03―3535―0522

ご連絡下されば、合わせて私も出来るだけギャラリーへ行くようにします。

是非お立寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

ゼリーのイエ

月に一度の注文日に翌月のネット注文を受けるので、キャンセルでもなければなかなか買えないゼリーのお店です。
色んな種類の小振りなゼリーと、たくさんの種類のゼリーを使っている、ホールのケーキの様に切って食べるタイプの物が大小のサイズであります。

ゼリーのイエ

今日、頼んであったホールタイプの小さい物(小さなデコレーション)が届きました。
母が我が家に来る日に合わせて注文したのでした。

今回は絶対に写真を撮り忘れない様にと思っていたのに、やっぱり忘れちゃいました。
写真はカットした物です。
ゼリーのイエ

ホールの素敵な状態をお見せしたかった

お味は、とても懐かしい気持ちになる感じで、最近の流行りのゼリーとは異なる固さのあるしっかりしたゼリーです。しっかり固まっているので、たくさんの味が交じり合わずにそれぞれ味わえます。
すごく美味しいと思いました。ただし好みは分かれると思います。
私は久しぶりに“お気に入り”と言えるお菓子だと思いました。

『ゼリーのイエ』
http://www.zerry-house.com

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

ちょっと困る…

浅草橋へわざわざ材料の買い出しへ行ったにも関わらず、案の定ですが…肝心な物を買い忘れていました。

もう時間が無いので、割高になってしまいますが渋谷の東急ハンズへ行きました。

今日の渋谷は物凄い人出でした。初詣の様。

不景気が信じられない程です。

最近の東急ハンズは、クラフト系の素材やパーツの取り扱いがかなり減ってきていて、工芸家にとってはもはや便利とは言い難い状態です。

先日浅草橋の貴和製作所で聞いたところ、新宿ルミネに貴和製作所が出店したとの事で、渋谷にもお願いしたいです。

しかし、陶芸材料を買える所はホントに少ない。
たくさん買う時は、産地やメーカーから送ってもらえば良いのですが、少量だと大変です。
私にとっての“命の道具?”のひとつに、東急ハンズでしか買えない物があるのですが、先日もう取り扱っていないと言われて、困ってしまいました。
買い置きが消耗し尽くしてしまったらどうしたらよいのだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »