" /> - モーリス日記" /> - モーリス日記" />

« アルジェリア。首都『アルジェ』 | トップページ | とうとう »

2012年4月20日 (金)

アルジェリア話。最終回?

タマンラセットから帰る途中で立ち寄った、とても戒律の厳しい砂漠の真ん中の小さな街。何て街だったかしら。
この街の名前も思い出せません。
タマンラセットのホテルでガイドブックを見ていて、急に行きたくなって訪れた街です。
ガイドブックには敬虔なイスラム教徒の集まる、総本山的な街だと説明があった様に記憶しています。

本当に美しい街でした。

女性は片目が三角に見えている他は、すっかり隠れていて、教科書に出てくるアラブ女性そのままでした。

そして、泊まったホテルがまた素敵でした。大まかには土で出来ていて、ロビーの窓にはガラスが無く、床はしなやかな絨毯が敷き詰められていて。
ガラスの無いフレームの様に四角い穴だけの窓から見えた空が忘れられません。

砂嵐で飛行機が飛ばないなんて、想像したこともなかった。
“雨”じゃなくて“砂”が降る街。

もう1泊する羽目になり、パリに戻る飛行機に乗れるか心配になりました。
意外と神経質な私は、1日予備日を設けていたので、1日だけならセーフ。
砂嵐が2日おさまらなければ、かなりの面倒事が始まってしまう。
到着した日に始まっていたクーデターのせいで、国外へ出るのが結構大変になっていた様子だったのです。

空港でのアナウンス等をフランス語に通訳してくれた、同じ飛行機に乗る予定だった現地女性に、焦りながら色々とアドバイスを貰いました。
しかし、そのアドバイスも、半分は以下の様なやりとりで、ボー然としました。今となっては笑えますが。

私『え飛行機飛ばないの?』
現地女性『インシャラー』
私『…砂嵐?いつもは夜まで続く?』
現地女性『インシャラー』
私『…明日まで続く事って良くある?明日は帰れるのかなぁ…』
現地女性『インシャラー』
私『今夜のホテルはどうしよう…』
現地女性『インシャラー』
私『イ、インシャラー?』
現地女性『インシャラー』

最後には現地女性も笑いながらの『インシャラー』でしたが…

その時に胸に刻み込まれるように使い方を覚えた言葉が『インシャラー』。
フランス語に訳して説明して貰ってびっくりするやら、それまでの旅での事が腑に落ちるやら。
『すべてはアッラー(神)の采配』要するに『神のみぞ知る』ってヤツです。

さすがに、いくら私でも、ここまで言われれば諦めました。
アッラーに勝てる人は居ないのです。
“アッラーの国の人だもの”ってね。

総じて女性は美人で素敵な人が多かったです。
街中ではすごく控え目というか前に出てこない感じですが、女性だけ(または家族だけ)になると、意外な程に明るくて派手な感じです。ちゃんとキャピキャピしてたりしてびっくりします。
そして、かなり皆さんセクシーです。

男性は…ま、色々…
私たちが女性2人連れなので、いわゆる男性が女性に対する態度を見る場面がほとんどなので、『何考えてんだよっ』って事が多いのでした。
おじさんやおじいさん達は、ものすごく親切でした。
基本的には、子供連れ、女性、外国人(多分=旅人だと思う。)は、特別に扱っていた様です。
どこの国でも、外に長時間居る事が命に関わる場所では、旅人にとても親切にしますよね。
砂漠の民は、ずっとずっと昔から、旅人を手厚くもてなしてきたのでしょうね。

|

« アルジェリア。首都『アルジェ』 | トップページ | とうとう »

コメント

アルジェリア行ったのいつ頃だっけ?
話しをきいたような・・・
今聞くとドキドキもの。無事で良かったよ。
砂漠の街、いつか行ってみたいな
あ、みなこさん「砂漠のバラ」持ってなかったっけ?

投稿: aya | 2012年4月20日 (金) 21:50

何年だったかなぁ…
妹が来てた時。

モリミツと住んでたから、あやちゃんが中庭の向こうに住んでる時だよ。多分。

あの砂漠のバラは、アルジェリアで買ったものだよ。
湾岸戦争の時のフランスの田舎もそうだったけど、中に居ちゃうとあまり怖さは感じなかったよ。もちろん、田舎に居たからだろうけど。首都アルジェは結構物騒だった。
マシンガン向けられたりしたよ

投稿: モーリス | 2012年4月20日 (金) 22:10

まままましんがん???怖すぎ
砂漠のバラはその時に買ったものだったんだね。本物はその時初めてみたから印象に残ってるのかも。確かにはたから見てる方がよくわからない分怖いと思うかもね。今回の外国から見た福島第一原発しかり。
あ、携帯、頑張って格闘してね

投稿: aya | 2012年4月22日 (日) 00:21

うん。さすがにマシンガンは緊張したし怖かったよ。
路線バスの窓際に座っていて、視線を感じてふと見たら、並走してる軽トラックの助手席のおじさんが銃口を私に向けながらジーッと見てるの。
ひぇ〜っってなった。

携帯は、お決まりの『せっかく書いた長文を消してしまう』とか『探してるメモリーが見つけられない』とか『したい設定のやり方が分からず、我慢するしかない』等が勢揃い

投稿: モーリス | 2012年4月22日 (日) 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルジェリア話。最終回?:

« アルジェリア。首都『アルジェ』 | トップページ | とうとう »