« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

2月20日からの『マスだ!展』へ出品する作品は蓋物です。
パリに住んでいる頃に、箱の魅力に取り憑かれて以来、箱が大好きです。
異素材が組み合わさった物が殊の外好きで、箱も蓋も陶器製の作品も作りますが、箱は陶器ではなく蓋だけが陶器で出来ている箱を、じわじわと作っていました。
いつか箱だけの展示をやりたくて、今までの展示にはあまり出していませんでした。

その、箱の素材に、木の箱や升を使ってみたりしていたので、今回の『マスだ!展』のテーマである“升を使う”という事に惹かれての出品です。

少々制作の時間が短く、多くのバリエーションは無理でしたが、今までも多少作っていた色ガラスを組み合わせた物を制作しています。

箱〓 箱〓

色見本(^-^)可愛いでしょう?
なかなか気に入った色は見つかりませんが、これらのシンプルな色が気に入っています。

もう少し、素材探しもしなくては。
上手く焼けると良いなぁ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

まったくもってどうでも良いハナシ

何か、世間の不安要素が増えているのでしょうか…?

私が利用しているスーパーマーケットは6件あります。利用していると言うより、チラシが入る。と言う方が正しいかな。
チラシが入るので、その日に欲しい物が安いお店に行く事が多い訳です。かつてずいぶん長い間、近隣にスーパーマーケットが1件も無い所に住んでいたせいか、私はこのチラシを見て考えたり買いに行ったりが、半ば趣味のごとく好きです。今必要な物が、たまたま特売だったりすると意味なき勝利感が湧いてきます

ところで、その6件のスーパーマーケットは、1件の超有名スーパーマーケットを除いて、特売に行列が出来たり秒殺で売り切れたりといった事は皆無。どんなにすごい時でも、特売開始の時間に家を出れば余裕で買えます。

そして、今日はキャベツが欲しかったのですが、チラシを見たのが夕方。もちろん特売はあきらめていましたが、丁度20分後からのセール開始でキャベツが!
おぉっ!となり、直ぐに行きました。見当たらない…
時計を見てもまだ10分しか過ぎてないし…
側に居たおばちゃんが店員さんに聞いていたので、便乗して聞き耳立ててみました。
なんと外にまで行列が出来て、並んでも買えなかった人がたくさん居た!と。
びっくり。

何か悔しかったので、別のスーパーで買い物する事にして移動しました。
そこでもびっくり。軒並みセール品が欠品してます。
セールで売り切っているのをほとんど見ない、ヨーグルトまで。

どうしたのでしょうかねぇ…
何か不安を煽るような事でも起こったのだろうかと心配になってきました。

…考えてみたら、チラシまで作った特売に人が殺到しない方が心配かも?
スーパーマーケットが売れなくて閉店でもされたら、楽しみが減ってしまう。

今日は黄粉まぶしの揚げパンを買いました。実は聞いてはいましたが、今まで一度も食べた事ない…初めて食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

春一番…いやいや冬一番後?

今日の東京はものすごい風が吹き荒れていました。
家ごと吹き飛びそうな強い風が一日中吹きました。(…家から出てないので、家の辺りだけなのか東京全域なのかは分からない…)

ちょっと不思議な感じですが、こんな強風の中、小鳥達がチュンチュンとのどかに鳴いているのです。そして猫が喧嘩をしていました。
春一番には早いでしょうが、小鳥がチュンチュン猫がギャーギャーと鳴くのを聞くと、春が来たような感覚を覚えます。

まぁ、寒いので一瞬で身も心も冬に戻りますが…

今日は、まだ開けられない温度の窯の中の作品を出さないと、次の作業が出来ないので、ひび割れた指先の為に人参サラダを作ろうと、窯の温度か下がるのを待つ間、人参をたっぷり刻みました。

春一番…いやいや冬一番後?

スライサーも持っていますが、気分転換に千切りは最適です。まな板がオレンジ色になる程千切りしました。

作り置きの玉ねぎドレッシングで和えて、パンにはさんでサンドイッチにしました。
私はこういうサンドイッチが好きで、色々と作ります。
牛蒡や蓮などのきんぴら、人参やセロリなんかのナムル、おから(卯の花)もパンに良くあいます。パンに薄〜くマヨネーズを塗ると味がしまるし、パンが水っぽくなりにくいです。
卯の花は、あまりパサパサに炒りすぎないでしっとり仕上げた方が、サンドイッチに合います。

今日の人参サラダは、濃い目の味だったのと水分がほとんど出ていなかったので、そのままでたっぷりはさみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

だって寒いんだもーん

本当に毎日寒いですねえ。
今日も頑張って窯は作品を焼いてくれています。あまりの寒さに窯を開けて熱気を部屋に出したい衝動に駆られます。

我が家の窯は電気の窯です。都内では薪どころか、ガスや灯油の窯さえ難しいのが現状です。
電気窯は一番コストもかかりますし、薪や灯油やガスを燃料にする窯が使いたい場合は、自然東京を離れて工房を構えます。

同じ土で、同じ釉薬(ゆうやく=うわぐすり)でも、窯に依って焼き上がりがまるで違ってきます。
私は作品に電気窯が適しているので問題ありませんが、そうでない陶芸家にとっては厳しいのです。

私の窯は電気窯ですから、気を付けないとブレーカーが落ちます。
…しょっちゅう落としています落ちるとかなり面倒な窯なので、電子レンジなんかには貼り紙をしています。
『窯を焚いていませんか?』って。
にも関わらず、窯に入れた気の緩みで電子レンジを使ってしまったり、炊飯器を使ってしまったり、何だかんだとやってしまう訳です。
何を隠そう今日もやってしまいました泣けてきます。
寒さのあまり、エアコンともうひとつの暖房器具を両方使ってしまったのです。

自分の馬鹿さ加減にほとほと嫌になります。

さて、ガスは使えるので、コーヒーを入れて一服して、制作の続きをいたしましょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

シベリア〜

何故か突然、無性にシベリアが食べたくなったので、夕方銀行へ行きがてらパン屋さんへ。
2件のパン屋さんを探しましたが見つからず、仕方ないので少し離れた、確実にシベリアを置いているスーパーマーケットへ行きました。
途中、激安八百屋で薩摩芋の安いのを見つけ、未だ冷蔵庫に余っているお餅で練りくりを作ろう!と、ウハウハ買い物して、スーパーマーケットに着く頃にはシベリアの事なんてすっかり忘れていました。
何故か、シベリアと一緒に飲むための牛乳は忘れずに買い、どうでも良いセールのヨーグルトやお煎餅なんかを買って帰宅。

頭はシベリアなので、牛乳を温めて…シベリアない〜何だったんだ?
もちろん、シベリアごときに再び出かけるなんて嫌なので、温かい牛乳とお煎餅を食べました。変な組み合わせ。

がっかりです。

そういえば、歩道の隅を「にゃーにゃーにゃー」とずっと何かを言いながら、小走りする猫を見かけました。多分「寒いー寒いー寒いー」って言っていたんだと思います。何とも可愛い猫さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

穴掘り大好き。

2月20日からの、京橋k's gallery での『マスだ!展』の為の、ずうっと休みない細かい制作で頭が疲れてきました。
そんな時は、好きな作業にしばし集中します。

私の好きな作業は穴掘り。
特に小さいパーツや球状の物にひたすら穴を掘ります。
ほとんどはアクセサリーのパーツになります。

穴掘り大好き。

楽しい〜♪

時間無いけどもっとやりたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

寒いし乾かないし…

制作中の作品がなかなか乾かない状態に、時間と手間が掛かって困っています。

陶芸では乾燥がとても大切です。
乾燥と書きましたが、水分量の管理が段階によって大切になります。

形作る最初の段階では、使う粘土の水分量、余分な部分を削り取る時や細工や装飾を施す時にはその作業に見合った水分量を管理して保って作業します。

形を作り終えた後は、素焼きの前に完全に乾燥させなければ焼く時に壊れてしまいます。

慣れれば管理や見極めも、そう大した事ではなくなりますが、問題は手出し不可能な気候です。
お天気や気温や湿度には従うしかありませんからね。

何かを早く乾燥させたい時は、温度差のある状態が繰り返されると、早く乾きます。実際、冬の方が空気は乾燥していますが夏の方が早く乾きます。

髪を急いで乾かす時に、温風と冷風を交互に使うと早く乾きますね。それと同じです。

今作っている作品は、もう時間の余裕がなくなってきたので、強行手段の第一段階です。

寒いし乾かないし…

カバーもせずに部屋に放置。

明日には素焼きをしたいのになぁ…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

牛筋〜

今日は寒くて指先が辛いので、温まるスープにしました。
コラーゲンたっぷりの牛筋スープ♪

スーパーマーケットで、良い牛筋が安い時にたくさん買ってきて、たっぷりのお湯で2度ほど茹でこぼし、よく洗って小さめに切って小分けにしてジップロックに平たく入れて冷凍しておきます。

こんな寒い日にはうってつけの牛筋スープ。でも、寒い中を買い物に行って、下ごしらえから始めるのは億劫です。下ごしらえまで済ませてあると、さっと作れて大助かり。

たっぷりのお出汁(私は鰹出汁と合わせるのが好き〜)に放り込んで、弱火でゆっくり煮ます。
牛筋がトロ〜ッと柔らかくなったら、好みのお野菜をたくさん入れて、お野菜も柔らかくなったら塩、胡椒等で味付けして
出来上がり〜♪

牛筋〜

今夜は、お野菜は人参とキャベツで、唐辛子とナンプラーで味付けしました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

今日は寒さが少し落ち着いているというか、安定している様に感じました。
最近の寒さは、夜が更けるとともにグングンと気温が下がっていく感じだったので、寒いけど過ごしやすくて制作がはかどるなぁ…と思っていました。

気が付くと、別の理由もありました。
変に静かなのです。吸い込むような静けさの気配です。

ふと、工房にしている部屋に面している小庭をカーテンの隙間から覗いてびっくり真っ白です。
いつの間にか雪が降り積もっていたのでした。

さっきまで、傘もいらない小雨だったので、予報は雪だけど家の辺りは降らないんだな。って思っていたので、かなり驚きました。

雪が降るには、気温や雨雲などにある一定の条件が必要だと聞いた気がします。
寒すぎても降らないって。
道理で安定した気温だったわけです。

雪が積もると止んでからが寒いのですよね。

明日は水仕事が辛そうです。今夜の内に進めてしまおう。

今日の帰宅途中に、肉まんをあげようとして、またしても断られてしまった、飽食の地域猫たちが少し心配です。(今日は触らせてくれました♪)
寒さと雪をしのげる場所はあるのかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

なんちゃってサブジ→インド味のお焼き?

昨日ご紹介したサブジの残り物で、お焼きの様な物を作りました。

“ヘンナパン”のアレンジです。

ハーブを使わずオイルを少し多めにして、ヘンナパンを作ります。

分量は、全部適当で大丈夫です。
お水かぬるま湯250〜300ccに塩ひとつまみとお砂糖ふたつまみ、サラダオイルを小さじ1くらい入れ、よく溶かします。小麦粉を適当に入れ、ベーキングパウダーも小さじ1くらい入れて、木のお箸(菜箸の様に塗りの無いもの)でぐるぐる混ぜます。

こびりつきが剥がれてくる程度に小麦粉を足していきます。

 

よく練ってひとまとまりにして、ぴったりラップをして少し(10分程でOK)寝かせます。

打ち粉をして適当に取り分け、丸めて、伸ばします。よく伸びる生地なので、簡単。サブジを入れて包みます。

 

平たく伸ばして周りがベタつかない様に打ち粉をします。
油を引かないフライパンに、押しつけるように伸ばして広げます。

蓋をして極弱火で、軽い焦げ目がつくまで焼き、引っ繰り返して蓋をしないでもう片面も焦げ目がつくまで焼きます。

出来上がり〜♪

そのままで、薄ーい味のふわっとした感じが良いのですが、飽きたら好きなソースや調味料を付けると、味が薄い分また美味しいです。

焼いておいたものを翌日にオーブントースターで焼くと、また美味しいです。
私は翌日は、冷蔵庫に残っていた食べるラー油で味を変えて食べました。

中身を餃子みたいに作ると、焼き肉まん?になりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

なんちゃってサブジ

じゃが芋のスパイス炒め(サブジですね。)を作りました。

時々食べたくなります。
でも今回は、じゃが芋くらいしか食材がなかったから作りました。

〈材料〉
・じゃが芋:一袋(皮を剥いた状態で500g程)
・塩
・サラダ油:大さじ1
・クミンシード:小さじ1

 材料A
 ・下ろし生姜:小さいひと片分くらい(ジンジャーパウダー小さじ1でも)
 ・カレー粉:小さじ1
 ・ガラムマサラ:小さじ半分
 ・コリアンダーパウダー:小さじ1
 ・チリパウダー又は唐辛子:適宜

・水
・レモン汁:小さじ2

〈作り方〉
じゃが芋は皮を剥いて1〜1.5センチ角程度に切って、被るくらいの水と塩小さじ1で茹でる。柔らかくなったらお湯を切っておく。

鍋にサラダ油とクミンシードを入れ、弱火にかけてクミンシードがパチパチ音を立てて香りが出てきたら、材料Aを入れて炒め、焦げ付かないように水を少量づつ入れてペースト状にする。

茹でておいたじゃが芋を加え、軽く潰すように混ぜながら炒める。
塩を2〜3つまみくらい加え、味を見る。

火を止めて、レモン汁を小さじ2程加えてよく混ぜれば出来上がり。

なんちゃってサブジ

味は私の好みなので、薄めです。
お肉は全く使っていませんが、スパイスとオイルのおかげでコクがあって味に深みがあります。

何故か懐かしい味に感じます。(私だけ?)

おつまみにも良いし、卵料理に添えて朝食なんかにも。

明日は残りをお焼きにしまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

手抜き美味しい

料理意欲がわかないけれど、少々野菜不足。
冷蔵庫を覗いてみても、人参1本しか見当たらないので、冷凍してあった野菜のポタージュと、パンが無かったので久しぶりに“ヘンナパン”を焼きました。

手抜き美味

いつ食べても、この野菜たっぷりのポタージュは、身体も気持ちもホカホカにしてくれます。
冷凍しておいて良かった♪

以前にもご紹介した、この“ヘンナパン”も久しぶりに焼きました。
今回はポタージュのお供なので、ハーブは使わずにオイルはアボカドオイルで。

手抜き美味

カリカリと固い周りが美味しい
途中、バターで食べたり、最後は自家製のオレンジマーマレードで食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

うっかり休日な日

今日は窯を焚いてますが、都合で中はスカスカです。
悔しいから芋でもパンでもケーキでもブチ込んじゃいたい所ですが、さすがに1000度を優に超える窯に入れる訳にもいかず…(そもそも、食べ物を入れちゃダメです焼成中にガスが出ます。)

ぶつけて縁がちょいと欠けてしまった皿を、いい加減な修復をして入れてやりました。
新しく作り直す時間はないので、ま、いっかぁ〜って感じです。

窯を開けないと次に進めないので、冷蔵庫のお掃除をしたり、お風呂に入ってみたり、友人が送ってくれた塩昆布を食べ、口が塩っぱくなったら一緒に送ってくれた、友人の母上の作った煮豆を食べ…と『甘いと塩っぱいのワナ』にハマったりしております。

何だか“ひとり日曜日”みたいです。

後は急ぎではない作品を作って過ごしました。
ずっと作ろうと考えていた作品で、スケッチだけしてあった物です。形にしてみたら、これがなかなか素敵です。焼き上がりには心配のある形状の作品ですが、上手くいくと良いなぁ…

陶器は、形作った時と焼き上がった時では、大分表情が変わります。
もちろん大体の感じは読めますが、時にびっくりする事もあります。
良い方にびっくりしたり、悪い方にびっくりしたりです。

本音は、想像通りが一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

鯖寿司

ここ最近、あちこちでフェアをやっている様で、デパートの特設売り場で美味しい鯖寿司を買った話をよく聞きます。
鯖寿司、大好き
最近食べてないな〜
買ってもいないし、作ってもいないし。

鯖寿司ってハマりモノって感じがします。食べ始めるとハマって、立て続けに毎日の様に食べたくなります。

以前、駅より近いご近所にたまたま住んでいた友人が居たのですが、その方がアート関係の仕事をしていたのと、同じ頃にパリに住んでいた事が分かり話も合って、良く遊びに行っていました。

駅から家までの道のりの途中だったので、その友人宅にふらりと寄って晩ご飯を食べる事もしょっちゅうでした。

ある時『これ素敵でしょう?ずうっと前に築地で見つけたの。あんまり美しいから買っちゃったの。何に使うのかしら?』と、押し寿司を作るための木枠を出してきました。
知らないのにもびっくりしましたが、訳も分からず素敵だったからと買ってきて、何の為の道具なのかも分からないままに何年も持っていたのにも驚きました。
今まで見せた人は、誰も使い方を知らなかったのだろうか…

外国暮らしの長い人なので、ありそうな事だとは思いましたが。

そこで、きっとこれで鯖寿司を作ってあげたら、美しい道具から生まれる美しい食べ物に感動するだろうな…と考えて、早速夕飯をおあずけにして〆鯖を買いに行きました。

買い物から興味津々の様子で、なかなか面白いイベントになりました。
私は仕事がかなり大変な日だったのですが、疲れ過ぎてハイになっていたので、奇妙な楽しさがありました。

美しく美味しい鯖寿司が、素敵な道具から出てくるのを見て、感動しまくっていました。
分かりやすく、辛抱強くレクチャーして、友人が自分で作れる様にしてあげました。
終わる頃には山の様な鯖寿司を頬張りながら、にこにこ嬉しそうに感動しつつ口頭で復習して、確認していました。

その後も自分で何度も作ったと言っていました。

時折、鯖寿司が食べたくなると、あの嬉しそうな友人の顔を思い出します。

あぁ…鯖寿司食べたい、

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

小泉武夫先生

日経新聞の夕刊、火曜日に発酵学者の小泉武夫先生が、ご自身のお酒と食事に関するコラムを書いていらっしゃいます。

小泉武夫先生

小泉武夫先生の発酵に関する著書は、かなり興味深くて知らない事ばかりで、本当に面白い。
発酵食品の素晴らしさと共に、世界の食=健康や文化を、微生物がどれだけ支えているのか!を知る事が出来ます。

そんな研究者のプライベートな食生活が、なかなか面白いのです。
文体も、食事をかなり楽しんでいる様子を表す、個人的感性に基づいたオノマトペが多用されていて思わず笑ってしまいます。

かつては朝日新聞の夕刊、土曜日に掲載されていた中島らも氏のお悩み相談コラムを、とても楽しみにしていましたが、最近は楽しみにするほどの読み物は、新聞には望めませんでした。

しかし、今は毎週火曜日が楽しみです。

今日は、作り酒屋に生まれた小泉先生の、ご自身で漬けている酒粕漬けのお話。
粕漬けが得意ではないのに、私も作ってみたくなりました。
さすがに文筆家でもある方の表現力です。

そして自分の文章力の粗末さに、比べるのも図々しい話だと思いますが…ちょっとだけがっかりしました。

イマドキの新聞は個性も無くなってきている気がします。そうなるとどの新聞を読んでも同じ事(あくまで私の主観ですが)。
新聞が仕事に大きく関わる場合は別にして、普通は1紙しかとらないでしょうから、他の条件が大切になります。
巨人ファンだとか、宗教に関わっているとか、株をやっているとか、明確な条件があれば簡単ですが、特にそういう条件が無いと、つまんない新聞だな、とか読みにくい記事書くなぁ…とか思っていても『ま、いっか』って、そのままいつもの新聞を取り続けちゃう。
ネット社会の今、新聞をとらない人も多いです。

そこで、こういう面白いコラムを掲載してくれるのが、新聞選びの条件としてはかなり大きくなっちゃいます。

だから、新聞を自分の所に変えて欲しい販売店は、無料お試し期間として1週間のサービスをすると良いですね。

知らない物は読めないし、知れないですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

蒸し白菜

気が付くと、今年に入ってから、宴でカレーを作ったくらいで、全然料理をしていません。

じゃことタラコばかり食べていました。安かったから。

そろそろ何かお料理しなくちゃ。気にせずこんな状態を続けていると、必ず体調が悪くなります。
元々アレルギー体質なので、食べ物が偏ると必ずアレルギーが起こり始める。

ひとり鍋キャンペーンでも始めるかな。
土鍋を出すのは面倒だったので、昨年ハマって毎日食べていた蒸し野菜を作りました。

材料が白菜とほんの少し残っていたパンチェッタしか無かったので、白菜の重ね蒸しにしました。
お鍋に食べやすく切った白菜を白い茎?の部分は下の方に入れ、時々間にパンチェッタを入れながら、たんぱく質を足す為に間に卵をひとつ割り入れて。鍋から溢れんばかりに重ねて、蓋をしてごく弱火で30分程。

蒸し白菜 蒸し白菜

蒸し野菜のお供はこのふたつ。もう長いお気に入りのぽん酢と出汁醤油。飽きたら変えて。

蒸し白菜

久しぶりにさっぱりホカホカで美味しかった♪

蒸し白菜 蒸し白菜

卵がまた美味しい。

残っている練りくりも、軽くチン♪していただきました。
温め直すと、ふわっと柔らかくなってまた美味しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

練りくり

鏡開きのお餅を使って作るお菓子です。

昨夜はどうにも眠りに就くことが出来なかったので、眠るのをあきらめて制作しながら、夜が明ける頃から練りくり作りをしました。
朝ご飯から餅のお菓子です。

練りくり

私が子供時代を過ごした宮崎県では、お鏡を使って少し変わったお菓子を作っていました。
『練りくり』というお菓子です。
素朴で本当に美味しいのです。食べた友人のほとんどはとても気に入ってくれます。
色も黄色くて何だか縁起も良さげで、おめでたい感じです。

お鏡を下ろしたらカビを削り落として小さく割り(お鏡が固すぎてカビを削るのが大変な時は、一旦水に漬けて少しふやかすと楽に削り落とせます。)、水に浸けておいて柔らかくします。
毎日水を替えて更なるカビを防ぎます。
それを水餅と呼びます。

練りくり

皮をむいて適当に切って蒸かした薩摩芋と、水餅も柔らかく蒸して、すり鉢やボウルなどでつきながらよく混ぜます。

練りくり

練りくり 練りくり

バットに流し入れ、黄粉とお砂糖を混ぜた物をたっぷりかけます。(我が家にはバットが無いので、蓋付きのガラスのボウルです出来れば平たいバット等の方が良いと思います。)

練りくり 練りくり

お餅の2〜3倍くらいの薩摩芋を使います。この時の薩摩芋の量で固さが決まります。でも適当で大丈夫です。
私は入れませんが、つき混ぜる時に塩を少々加えると、薩摩芋の甘さが引き立ちます。

我が家ではバットのまま置いておき、バットから好きなだけ取って食べていました。食べる時にも黄粉をかけます。


丸めたり、あんこを包んだりする人も多い様です。

お芋のおかげで、長く柔らかく食べられます。
固くなってもまた蒸せば柔らかくなります。
私は固くなったら、食べる分だけ軽くチン♪します。

友人が早速作った様で、検索してみたら結構ヒットしたとの事。なので、私も検索してみました。

薩摩芋の皮をむいて小さく切り、被るくらいの水で茹で、柔らかくなったら小さめに切ったお餅も入れて、お餅も柔らかくなった所でお湯を捨て、つき混ぜる。という方法が出ていました。

私も蒸すのが面倒なので、レンジで作ったりしますが、茹でるのは簡単そうですね。
水餅にしないで普通のカット餅を使う時などは、水分が多くなり柔らかく出来そうですね。

今回は薩摩芋は蒸した方が甘味が出るので、薩摩芋は蒸して、お餅はレンジで柔らかくしました。
薩摩芋をもう少し増やしても良かったかな。

実家では蒸していたので私には蒸すのが普通でしたが、薄〜い記憶を辿ってみたら、何となくお祖母ちゃんも茹でていた様な気もします。かなり不確かな記憶ですが。

他では食べられない懐かしの味なので、たまに食べたくなります。

友人の息子ちゃん(小学生男子)は“好きな食べ物1位!アイスを抜いた!”の称号を与えてくれた様です嬉しいですね。
こんな年の大人のノスタルジックなおやつが、現代小学生の舌に満足を与えられるとは!

やっぱり先人の知恵とは尊い物です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

ソーダ

私の一番好きな飲み物は、炭酸水と言っても過言ではないっ!ってくらい炭酸水を飲みます。

炭酸と言っても炭酸飲料ではなく、そのまんま“炭酸水”。ただのソーダです。いわゆる炭酸飲料はほとんど飲まないし、炭酸系のお酒はあまり好きではない。
でもプレーンなただの炭酸水は、無くてはならない程です。

ただの炭酸水と言っても、様々な種類があります。
先ずは天然と人工がありますね。天然の物はミネラル等か入っていますから、産地、種類によって明確な味の違いがあり、好みも大きく分かれますし、また分かりやすい。

問題は人工の物。最近は炭酸水流行りでたくさんのブランドがあり、買い易くはなりました。ただ、理由は正確には分からないですが、品質保存の為と思われる添加物(クエン酸など様々)がたいていの製品には添加されています。それが微妙に味に影響して、なかなか私好みの水と炭酸(二酸化炭素)だけのソーダが無いのです。
絶対安心に好きなのはコープで作っている“ただの炭酸水”。ホントにそのまんまただの炭酸水です。

しかしながら、コープがそこらじゅうにある訳もなく、いつも残念な炭酸水を購入しています。
炭酸水を見かけると必ず原料を確認して、水と炭酸のみの物を見つけると大量購入します。でも重いので限界があります。

そして先日、新聞記事でこんな記事を見つけました。

ソーダ

詳しく知りたい。
記事本文には、『水を専用ボトルに注いで本体にセットし、ボタンを押すだけで簡単にできる。』とありますが、本当にこれを買えば、水さえあれば炭酸水が出来るのだろうか…
結局毎回カートリッジとか買わなきゃならないのならば、高い買い物ですが、これさえあれば後は水だけ!と言うのであれば悪くない。
写真を見ると、メーカーも複数ある様です。

ソーダ

誰か持っている人に聞きたいです。
ほとんど持ち合わせない物欲が刺激されております(;^_^A

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

またまたお善哉♪

年末に炊いたお豆の煮汁が、冷凍庫にまだ残っていて邪魔になってきたので、何の豆の煮汁か分からないのを何種類か混ぜて、またしてもお善哉を作りました。

またまたお善哉♪

安くなっていた牛乳を買ってきたら、高級ジャージー乳でした。いつもの様にお善哉に注ぎ入れたら…濃すぎて、まるで生クリームを入れたみたいに

またまたお善哉♪

味は美味しかったです。

最近幾度か、鏡開きの話から宮崎県に住んでいた子供の頃の鏡開きの話をしました。お鏡で作るのはお善哉が多いと思いますが、宮崎県では『練りくり』というお菓子を食べていました。

宮崎県全体でそうなのか、地方によるのか、たまたま我が家や私のお祖母ちゃんや親戚だけなのか…まったく分かりませんが、薩摩芋を使った素朴で美味しいお菓子です。

何度も話していたら、無性に食べたくなって一昨日の夜から準備しています。
お鏡を下ろしてすぐに作るお菓子ではないので、準備中
昨日、激安八百屋へ寄って薩摩芋もゲットしてきました。

週末に作ろうかと考えています。作るのが楽しみです。…いや、食べるのが楽しみです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

上等烏龍茶

中国人のアーティストに戴いた烏龍茶。

上等烏龍茶

香りが良くてすごく美味しいです。

とてもダイレクトに物を言う人で、「このお茶はすごく高級だ。高いんだ。」って仰っていました(^-^)

ホントに美味しい。
箱も素敵です。

妹が台湾から買ってきた高級烏龍茶もかなり美味しかったけど、これもすごく良いお茶だって分かります。
中国の烏龍茶にも以外と高級茶があるんだなぁ…
と、良く見たら、このお茶も台湾の物でした。

私の知る中国は20年以上前ですから、現在の様に豊かになった中国には、もう、ものすごーい高級茶があるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

今日は久しぶりに銀座

先日、友人がくれたお年賀のお煎餅です。

今日は久しぶりに銀座

なんか可愛くて、しばらく食べずにじっと見つめてしまいました。

今日は展示の事で銀座のギャラリーへ出かけました。
近所の別のギャラリーにもついでに寄って、年始のご挨拶をしようと考えていたので、珍しく“まともな格好”で。

せっかくまとも…にしたので、銀座の陶芸教室で働いていた時からの行きつけお気に入りのカフェへ。
『POUR CAFE』といいますが、私は『赤いカフェ』とあだ名をつけています。赤くて可愛いのです。

今日は久しぶりに銀座

ここは銀座界隈では希少な落ち着くお店。ざわざわとしているところが、かえって落ち着きます。パリを思い出すようなお店です。
スタッフも感じが良くて可愛い子ばかりです(^-^)
オーナーのみが男性で、他は素敵女子ばかり。

顔馴染みの店長さん(多分)を見つけると更にホッとします。
お酒と食事の時間に差し掛かっても、1人でゆっくりお茶出来ます。(しかもブレンド310円!)

今日は久しぶりに銀座

今日もイイ感じにざわざわしていました。
窓際から道行く人を見ながら、しばしだらだらしてきました。

帰り道、かつてのもうひとつの行きつけ、こちらは仕事前に朝の珈琲を飲んでいたお店なのですが、その店も見たくなって通ってみたら…なくなっていました。
何だか淋しい気持ちになっちゃいました。

関係ないけど道すがら見つけたモノ。ちょっとびっくり。

今日は久しぶりに銀座

『銀座湯』銭湯です。
銀座にもまだあるんですね。
夜のお店が多い銀座では、かえって需要が多いのかもしれません。
ひっそりと、ぽぉっと灯った電気に、何だか見入ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

黒豆の煮汁を再生

年末に煮た黒豆の煮汁。
栄養がいっぱいの煮汁が、たくさん残ります。
もったいないので、ペットボトル何本かに分けて詰めて冷凍しておきます。

黒豆の煮汁を再生

その煮汁を活用して、根こそぎ黒豆の栄養を頂いちゃいましょう

小豆と緑豆も少し、水から柔らかくなるまで煮ます。あまり煮汁が多くならない様に調節しながら煮ていき、柔らかくなったところで黒豆の煮汁を投入します。
煮汁が多過ぎる様なら、ここで煮詰めます。

少し煮て味が馴染んだら、お砂糖を少しづつ何度かに分けて入れながら、好きな甘さにします。一気に入れると、お豆がまた硬くなってしまいますからご注意。
上がりぎわに塩をひとつまみ。

簡単♪簡単♪出来上がり〜
黒豆の煮汁を再生

黒豆の香ばしい香りのするお善哉になります。

私は食べる時に、器に取り分けてから、少し牛乳を入れます。

黒豆の煮汁を再生

そのままと2種類味わえますね。
美味しいから試してみて下さい。
さらにほんわかして、優しい味になりますよ。
火傷防止にもなります

夏場は市販の茹で小豆やあんこに、冷たい牛乳をたっぷり入れるのもすごく美味しいです。
インスタント冷やしミルク善哉です。
(我が家では何故かあんこの事をあんこちゃんと呼ぶので、“あんこちゃん牛乳”と呼びますええ。変だって事は自覚してますから。)

調理がいらないので、余力で水の代わりに絹ごし豆腐で作った白玉なんかを入れれば、もうデザートと呼んでも文句無しのひと品です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

居眠り

ここの所、深くは眠るのですが、短い時間で目覚めてしまいます。
頭は睡眠十分ですが、身体が少し睡眠不足を訴えています。

うたた寝してしまうのはマズいので、居眠りする事にしました。

机が痛いし冷たいので何か無いかと探したら、いいのがありました♪
先日何かのお返しに貰った意味不明のサイズの毛布?の様な物。
何に使って良いのか分からず、使いにくい膝掛け・肩掛けに使っていたのですが、折り畳んでセッティングしてみたらバッチリ!

居眠り

これは居眠り用なんじゃないかしら?

折った間に腕を突っ込んで置けば、指先が冷える事もなく快適な居眠りができました。

よく言われますが、ホントに短時間の居眠りや昼寝って効き目がありますね。

強制お昼寝タイムを設けている会社もあると聞いた事があります。
集中力が高まって、結果業績が上がったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

家ご飯

今日はずっとスケッチをしていました。

昨夜のガレット・デ・ロワの宴の後、朝方5時まで作品のデザインをスケッチをしていて、今朝何故か9時には目覚めてしまったので、スケッチの続きをしながら息抜きにのんびりお片付け。
猫を見たくなって、ご近所猫に会いに行きましたがお出かけ中?で不在でした。残念。

昨日の宴はメインがガレットだったので、食事は我が家的な家ご飯でした。

挽き肉少しにこれでもかって量のお野菜を小さく切って入れ、ブイヨンで煮込んで、ルゥはかなり少なめのカレーを作りました。
ご飯無しでも食べられそうな、野菜スーブの様なカレーです。
いつの頃からか、我が家では途中でゆで卵を放り込んで一緒に煮ます。
カレーの味が染み込んで美味しいです。
皆、たくさん食べてくれました。嬉しい

それとサラダ。夏によく作るので“夏のサラダ”と呼んでいます。ニンジン、コーン、セロリ、胡瓜を同じくらいの大きさに切って混ぜた、なかなかきれいなサラダです。本当は赤と黄色のパプリカが重要なのですが、昨日はスーパーマーケットに無くて入れられませんでした。
ポイントはすりおろした玉葱がたっぷり入ったドレッシングです。

写真を撮り忘れたので、昨年作った夏のサラダの写真です。

それに、先日宮崎から送られてきた日向南瓜の煮付け。
昔ながらの日本南瓜です。

今どきの人は、知らない人も多い様ですね。
絵に描く南瓜は、この日本南瓜が多いので、変だなぁ…南瓜ってこんなじゃないのになぁ…って思っていた友人も居ました。

私は子供の頃から、この日向南瓜(いつの間にか黒皮南瓜と呼ばれる様になったらしいです。黒豚がブランド化されて成功して以来、黒○○と名前を変えてブランドにしてしまうのが流行ですね。)が大好きです。
本当は煮汁も一緒に、ご飯に混ぜちゃうのが大好きな食べ方。私の離乳食だったみたいです。

さて、宴のメニュウは他にも手土産に持ってきてくれた、人参を細〜く千に切ったサラダと、鹿児島の甘い南瓜の煮物が並びました。日本と西洋の南瓜の違いが楽しめる偶然が楽しかったです。

今日はご飯の支度をしなくても、“翌日のカレー”というスペシャルがあります♪

写真は地味で美味しそうには見えないでしょうが、卵もより味が染み込んで美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

ガレット・デ・ロワ2012

今日は友人たちと、ガレット・デ・ロワのパーティーをしました。

以前にも書きましたが、フランスの1月頭の行事で、ガレット・デ・ロワと呼ばれるアーモンドペーストを使ったパイの中に、フェーヴと言う、陶器の小さな人形などを忍ばせて、引き当てた人が王様になって偉い(…幸運を手にする。と言われます。)という、ゲームをするパーティーです。
フランス在住中幾度となく食べたガレット。1度も当たった事が無く、帰国前に丸ごと食べてやる!と息まいて買って食べたら、手違いで入っていなかった(T_T)という経験までしました。

なので今夜はかなり本気を出して選びました。
そして見事にはずれました。

つくづく私はガレットに運がありません。
キレ気味に文句を言いながらも、今まで食べた中で一番美味しい、とびきりのガレットに満足しました。

 

世田谷の尾山台にある、オー・ボン・ヴュータンのガレット。ピカイチです。
15日まで売っているみたいです。
今から買おうと考えている人は、今年は是非オー・ボン・ヴユータンを試してみてください。
フランスで食べた物を含めてもピカイチ上等美味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

お気に入りの便利グッズ♪

最近キッチン雑貨などのお店で良く見かけるクロスが、今一番のお気に入りです。

北欧の製品ですが、これが使える!超便利です。
驚くほどの吸水力で、しかも柔らかいので片手で絞れます。片手で絞ったにもかかわらず、しっかり水分を排出できるので続けて使っても、水跡が残らない使い勝手の良さ!
柔らかいのですが、しっかり形を保つ張りはあります。

そして、本当に色んな柄があって、どれも素敵です。
たくさんのデザイナーが柄を手懸けている様なので、きっと自分好みの柄を見つけられると思います。

私も何件かで見かけて、じっくり柄を見て、3件目で見つけた柄がかなりツボでした。

お気に入りの便利グッズ♪

使い倒しているのでヨレヨレですみません
この猫の顔がたまらない
猫飼いになった事のある人なら、記憶にある独特の顔つきです。

仕事用とバスルームの水滴取りに、もう2枚は欲しいな。

見てるだけでも素敵な、便利グッズはかなり貴重ですね。
これはオススメです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

松の内

昨日友人とメールしていて、松の内が6日までだと聞いて、えっとなりました。
私はずーっと、松が明けるのが15日で14日までが松の内だと思っていました。

少し調べてみたら、地方によって違うのだそうです。
私が育ったのは、中学までは九州だったので、『そうか。関東は7日だけど九州は15日なのね。』と思っていたら、九州も7日だと書いてありました。

…なんで?我が家だけズレていたのだろうか…
いや、母がどうしていたかは思い出せない。
私だけ?

とりあえず、現在の住まいは東京なので、6日の内にお飾りを下げる事にしました。

なんかスッキリしない…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

寒いですね。

お正月はお天気に恵まれましたが、今日は雲が出てきました。
夕方寒い寒いと呟きながら、自転車で郵便局とスーパーマーケットへ行きました。

帰り道、ふと寒さが少し落ち着いた!と思ったら、雪!雪がちらついていました。

明日はお洗濯したいと考えているのに…お天気が悪くならないと良いなぁ…

そろそろ生活時間を戻したいので、今日は早寝しよう…寒いし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

年賀状

昨日から年賀状を書き始めました。(来年の年賀状書いてんの?って言われる始末年賀状も売ってなくて捜し回って1時間かかりました。)
…と言っても、プリンタが壊れて久しいので宛名書きだけで精一杯です。

いつも言われる愛の足りない年賀状復活です
さすがに裏面は書ききれないので、妹の所で今日制作&印刷してきました。

ようやく終わって、早く帰宅して宛名書きの続きをしなくちゃと、駅から少し距離のある妹の家を出て、駅に着く頃妹から電話。
『トイレに家の鍵が落ちてるよ』(↑o↑)
寒いし眠いし。でも戻らないと家に入れないし。

食べ過ぎで重かったお腹も、家に着く頃にはこなれていました。

パソコンもおかしいので、見つからない住所があったり。
喪中だったりそれどころでなかったりで、ここ2年程は年賀状が出せなかったので、とにかく宛名書きを手書きで頑張って、出来るだけお出しいたします。

私のやる事と、失礼はもう諦めて、暖かい気持ちで許してほしい2012年のお正月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

副産物

年末の宴で作ったホットワインには、赤白2種類の干し葡萄と皮付きのアーモンドをたくさん使います。

元生徒さんの友人が、昨年気に入ってくれて、お家で作って友人に振る舞ったあと、残った干し葡萄とアーモンドでケーキを焼いたと聞いて、今年は私もカトルカール(パウンドケーキ)に焼き込んでみました。

いつもはふっくら戻った葡萄と味の染みたアーモンドを、そのまま食べるくらいでしたが、焼いてみるとこれがなかなか美味でした。

副産物

今度からはこうして使いたいと思います。

Aちゃん、ありがとう♪
おかげで美味しいケーキが出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

神社

今年は頑張って、年が明ける零時丁度にお気に入りの行きつけ神社に、そして地元に帰ってすぐ夜が明けない内に氏神さまへのお詣りをしました。

すごく気持ちの良い年明けになりました。

粛々と働く初々しい巫女さんや落ち着いた宮司さんを見ながら、年が明けるのを待つのも良いものですね。

お気に入り行きつけ神社、虎ノ門の金刀比羅宮には、毎年新年には必ず行きますが、暖を取る為の焚き火がされ、甘酒や御神酒が振る舞われ、なんともほのぼの感漂う神社です。
見かけや立地は都会的と言うか現代的なのですが。

おみくじを今年もひきました。
一番!そして大吉!
数年前まで、凶や大凶しか引き当てないという、ある意味物凄い運を持っていました。
ここ最近はそこまでひどくはありませんが、一番で大吉なんて、嬉しいったら♪
思わず『おぉ』と声を出してしまいました。

地元の氏神さまの神社は小さい神社ですが、氏子の代表者たちが揃いの法被を着て、迫力のお焚き上げをしていました。
お詣りを済ませると、すかさず福豆の小袋を渡してくれました。派手さはないけどその分余計にあったかい感じです。

神社

帰宅して、眠りに就きながら思い出すと、またあったかい幸せな気分になりました。

本当に良い年明けです。

年が明けてから眠りに就いたので、初夢は昨夜の夢なのかも知れませんが、納得行かないので保留して、今夜の夢を初夢にしたいと思います
皆さまも良き初夢を見られますように…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

2012年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m

皆さまにとって、幸多き年になりますように。
心から願っています。

年賀状…書く気ではいます。
…書く…と思う…頑張る…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »