« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

少年の感性。

新聞の隅に、読者の投稿だと思われるコーナーがあって、目にとまりました。

信号待ちのご婦人に、たまたま同じように信号待ちで居合わせた10歳くらい男の子が、「自分は美しいやり方が好きなんだ。」と言ったという話です。

人間の感性は、持って生まれるものだと思います。
それを保てるか、育てられるか、上手く使えるか。
アートの事だけではなく、どんな職業や趣味にも感性は必要です。
大人の意見に惑わされない強い子供はそうは居ませんから、周りの大人がどれだけ見抜いたり、助けないまでも放置してあげる辛抱強さを持てるかが、大きく影響するのでしょうね。

もちろん、天性の感性や才能を伸ばして人生を歩めば幸せと言い切れるわけではありませんから、正解を求めても意味はないのでしょうが、少なくとも楽しい、不愉快ではない子供時代が送れるでしょう。

道で会っただけの知らない人に、「自分は美しいやり方が好きなんだ。」と自然に言える、健やかなココロ。素敵ですね。
彼は、素敵な大人に囲まれて生きているのでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

コンフィ作り♪

昨日は一日中、5駅にまたがって溜まっていた用事と、ついでに寄りたい所をガッツリ自転車で回りました。

疲れたのか、肌寒い季節になったからか、夜になってじわじわと淋しい気持ちの素が押し寄せてくる気配を感じました。
『お!これはマズいぞ!』と、日曜日のお昼間にやるつもりだったコンフィ(ジャムや油漬けなどの保存食の事です)作りをやる事に。

青い国産レモンと精製していないお砂糖を買ってきてありました。
思い立って生姜の千切りも入れて、レモンとジンジャーのマーマレードを作りました。

コトコトと煮えるお鍋の前で、いい匂いに包まれていると、今度は暖かい落ち着いた気持ちの素が、じわっとやってきます。

半ば目的が純粋なコンフィ作りではなかったせいで、味見もろくにせずにただただ材料を切って、お鍋に放り込んで煮る。煮る。煮る。
少々仕上がりに不安がありますが、目的の半分は達成したので良いでしょう(^-^)

そもそもレモンとジンジャーの取り合わせ、どうなんだ?

コンフィ作り♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

また来ちゃった(*^_^*)

この夏最後の冷やしすだち蕎麦@土山人。先日食べ納めをしたはずですが、終わっちゃう…来年までお預けなのね…悲しい…と思っていたら、やはり蕎麦好きのいつも美味しい蕎麦を見つけると誘い合う友人から、今から行かない!?とのお誘いが。

ちょうど夕方の良い時刻、用事も終わって後は帰宅するだけっていうナイスなタイミングのナイスなお誘いに、一も二もなく乗っかりました。

美味しかった〜(*^_^*)
今回は、蕎麦がきの甘味も頂いてみました。
蕎麦がきを善哉仕立てにしてあります。

また来ちゃった(*^_^*)

ふんわりと作られた蕎麦がきにさっぱりふっくら炊き上げた小豆がたっぷりかかっています。
これもオススメです。

9月いっぱいで、冷やしすだち蕎麦が終わるので、次回からようやく他のメニュウに手が出せます。
どんだけ好きなんだ!ってハナシです♪

この日は恐ろしい食べ過ぎデーとなってしまい、結果お腹を壊しました。
まったくいい歳をして…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

レモンの樹への思い

突然、オリーブの樹を植えたくなってしまいました。

私はかなり虫が苦手。
オリーブって、虫が付きやすいのかなぁ…
栄養満点だから、虫もわらわら寄ってきそうな気がします。

調べてみました。
オリーブは虫の付きにくい樹だという事なのですが、それにしては多種の虫が付く様子。
5分で断念しました。

短い夢でした。

そしてもうひとつ。
南フランスの友人の家に滞在していて、ヴィルフロンシュ・シュル・メール(Villefranche-sur-Mer)という港町を訪ねた時通りすがりのお家の庭に植えてあったレモンの樹を見て、その情景に感動して『いつか庭にレモンの樹を植えたい!』と強く思う様な体験がありました。

このヴィルフロンシュ・シュル・メールという街は、ジャン・コクトーが手懸けたとても小さくてとても素敵な礼拝堂で有名な街です。
ホントに素敵な港町なんです。
ベビーブルーの空に碧い海、石で作られた街。眩しい石積みの塀をはるかに越える大きさに伸び茂ったレモンの樹に、嘘の様な、大きくて文字通りレモンイエローの実が、信じられないくらいたくさん、たくさん実っていました。

南フランスの強い日ざしの下で、ピカピカに輝いていました。

いつか、海のそばに住める日が来たら、きっとレモンの樹を植えたいな。

…レモンの樹は虫が付くのだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

近所の可愛い子ちゃん

飼い猫が逝ってしまってから、以前より更に気になるご近所猫。

我が家の前に居た子猫ちゃんはとんと姿を見なくなりましたが、先日ご紹介したいつも見かける愛想の良いぶち猫と黒猫の居場所に、ふと気が付くともう一匹似た柄の白黒ぶち猫が、始めっから居たような馴染み具合で増えていました。

近所の可愛い子ちゃん〓

今まで、双子ちゃんの様に入れ替わっていたのかな?

地域の猫好き達の、必ずちょっと立ち止まって生け垣を覗いて確認してから通り過ぎる姿が、またたまらない(^-^)

今日はいつも餌を運んであげている鳥肉屋さんの店先まで、わざわざ足を運んでご飯を催促していました。

おいおい、猫さん。それは反則だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

茗荷のそぼろ♪

冷蔵庫に残ってしまった食材が、何ともまとまりの無い感じだったので、取りあえず野菜勝ちのそぼろを作りました。

豚の粗挽きが少し、茗荷がたっぷり、スカスカになりかけている長葱、蒸し肉に使った残りの固くなった春雨が少し。

ぜ〜んぶ微塵切りにして、豚の粗挽きを脂が出るまで炒めて、その脂で残りの材料を炒め、オイスターソースと焼酎と無添加の出汁の素(鰹・昆布)に唐辛子で味付け。
汁気が少し残る程度まで炒めておしまい。
冷蔵庫で乾いてしまった春雨が汁気を吸って良い感じです。

茗荷のそぼろ♪ 茗荷のそぼろ♪

茗荷のそぼろ♪ 茗荷のそぼろ♪

昨日はご飯にかけていただきました。

そして今日はお天気も良く、窓からの光を浴びながら、一人サンデーブランチです。
やっぱり残り物で、ピザです。
半分はいつもの生椎茸だけど、ブルーチーズも残っていたので今日はブルーチーズも加えました。
あと半分は、昨日作って冷蔵庫に入っていた、茗荷のそぼろを使いました。
なかなかイケてます。

茗荷のそぼろ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

テーマは『秋』。秋の宴。

我が家には仕事用の大机があるので、良く人が集まります。
先日、我が家でテーマが『秋』での宴をしました。

東京でも1、2を争うフランス菓子のパティスリーに勤めながら菓子職人を目指す若者が、テーマを設定する提案をしてくれました。
さすがに志の高い若者は、感受性も高いですね。
物作りの仕事をするのに、とても大切な事です。こういった普段からの姿勢が影響します。

丹沢に工房を持っている友人は、丹沢から栗の葉といがに包まれたままの栗の実をそっと大切に持ってきてくれました。

テーマは『秋』。秋の宴。

すごく素敵です。
幾日も楽しめそうで、とても嬉しいひと品でした。

イベント好き?の陶芸家の友人が持ってきてくれた、南瓜や梨を使った秋の収穫祭りの様なすごく綺麗なサラダには、やっぱり秋を思わせる鴨肉のスモークが。
夏の終りを思わせる、ご自宅で収穫した最後のゴーヤを使ったサラダも作ってきてくれました。

パティシエを目指す友人は、手作りの茄子のコンフィを。スパイスが効いていて、茄子とオリーブオイルの相性は言わずと知れた好相性。柔らかい秋茄子の実と、ヘタの部分のコリコリとした歯ざわりのコントラストがたまりません。彼はいつも手作りのピクルスなど、愛情のこもった物を持参してくれます。
それと、出身の石川県の名産品も。昨日紹介した河豚の真子。個人的に好物なのでかなりご満悦のワタクシ。
誕生日の人が居たので、彼の修行するお店の素晴らしく美味しいケーキも用意してくれました。

それから、自由が丘でギャラリーを営む友人は、アイスワインなかなか自分で買うことのない高価なデザートワインです。トロリとして、繊細な味わいの『食の秋』の始まりにふさわしいものでした。おつまみに、蟹クリームコロッケも。蟹クリームコロッケって、テンション上がりますね。

テーマは『秋』。秋の宴。

私が用意したのは、先日紹介した豚味噌、胡桃のチーズ、キャベツの白和え、キノコのシンプルピザ、麻婆南瓜、それと最近ハマっているおつまみ餃子です。
ふた品程出し忘れました
出し忘れはいつもの事ですが、冷静になって冷蔵庫で出し忘れを発見すると、毎回ものすごくガッカリします。

久々の我が家での宴でしたが、本当に楽しかったです。今回は、物作りに携わるメンバーでしかもお題があったので、ちょっと面白い宴になりました。
いつも、『またやろうね!』って言い合って終わる、楽しい宴。この秋のバーベキューの話も持ち上がっています。
夏が暑くて活動できなかった分、涼しい秋には楽しみたいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

名産品。

最近ご当地物のお菓子が流行っていますが、先日富山のお土産に『しろえび』味のポテトチップスをいただきました。

名産品。

ピンクで可愛い♪

思ったよりずっと、海老の味がして美味しかったです。
おかずになりそう。
しろえびの味は記憶に刻む程食べた事ないので、具体的にしろえびの味なのかは分からないです

そして昨日は河豚の真子をいただきました。
好物なのですごく嬉しいお土産でした。東京で買おうとすると大変です。

名産品。

河豚の真子は大変な名産品です。日本中で、石川県の決まったところでしか生産を許されていません。
食べたかどうかも分からないような量で、人が死んでしまう様な毒を持ったものを、食べられる様にしてしまう先人の執念を見て、それも味のひとつに感じます。芸術をも感じます。

持ってきてくれた人と、新しい食べ方を考えたりしてこれまた楽しかった。
美味しい食べ方、発見しました。

ふむ。秋に入って、名産品祭りが始まるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

豚味噌

子供の頃から食卓に上っていた、宮崎県のお惣菜に『豚味噌』というのがあります。
今でこそゴーヤは全国区ですが、中学生の頃関東に引っ越してきて、ゴーヤが無いのにはガッカリしました。
沖縄ほどではありませんが、九州ではかつてより暑い夏には欠かせない食材でした。

我が家の庭にも植えてありました。
収穫し損ねた実が、オレンジ色になっていたのを思い出します。いや、種を取っていたのかも…。

我が家のゴーヤにも色んな食べ方がありますが、今でもよく作るのが『豚味噌』です。

日持ちする常備菜です。

母が作っていたのは、豚バラとゴーヤと味噌とお砂糖に唐辛子、日本酒を使います。味噌が多めで濃い味なので日持ちする訳です。

私がいつも作るのは、挽肉と食感のある大きさの豚バラを使い、味噌も少なめ、日本酒の時もあれば焼酎を使う時もあります。

ゴーヤ1本を縦半分に切ってスプーンでワタと種を取り、小口に切ります。この時ゴーヤの厚みをバラバラにすると、食べる時の味や食感に変化が出て美味しいです。

豚味噌

器に味噌とお砂糖を入れて混ぜ、日本酒を足してよく混ぜます。ミリンも入れるとより美味しいです。味噌も私は合わせ味噌に白味噌を少し足します。いつも作る味噌汁の味噌使いが良いと思います。

最終的に具材にまんべんなく味噌が絡むくらいの量で、まったくの適当でOKです。
よく混ぜて味見をして、甘塩っぱくて美味しいと思う味に調節しておきます。

豚味噌

お肉は、豚挽肉と豚バラを合計して200グラムくらいかな。これくらい入れるとおかずっぽくて美味しい。大事なのは豚の脂。お肉を少なくする時は脂多めの感じにしておくと良いかも。豚バラは1センチ角くらいに切っておきます。
今回は、普通の豚挽肉と、粗挽き肉を混ぜて使いました。

深めのフライパンに油を引かずに肉を入れてゆっくり脂が出るように炒めます。

豚味噌 豚味噌

脂が出てきたらゴーヤを投入。馴染むまで炒めます。

豚味噌

ゴーヤが脂と馴染んだら、調味しておいたお味噌を入れて、好みで唐辛子を入れます。私はたくさん入れますね。
日本酒等の水分が飛ぶまで、のんびり炒めて出来上がり♪

豚味噌 豚味噌

炒める時に脂が跳ねやすいので、あまり火を強くしない方が安全です。あら熱が取れたら蓋の出来る容器に詰めて、完全に冷めたら冷蔵庫へ。

豚味噌

食べる時に汚れた箸を突っ込まないようにすれば、結構長持ちします。
清潔な小さめの容器に空気の入る隙間の無い様に小分けにしておけば、より長持ちします。
味噌と脂で保存が利くのでしょうね。

食べる時は温かいご飯に乗せて。お酒のお供に冷えたままでも。冷えて脂が固まっていても、そんなに脂っぼく感じないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

癒し

夏も終わり、台風が暴れる大変な一日でしたね。
皆さんは大丈夫でしたか?
我が家は現在、家ごと吹き飛びそうな嵐の真っ只中です。地響き、暴風雨、九州に住んでいた子供の頃を思い起こさせる状態です。
一人暮らしの上、猫さんも居ないせいか、少し胸が騒つく感じです。多分不安なんだろうと思われます。

思えば、こんな気持ちの時はいつも猫さんが寄り添ってくれていたのですね。

誰か今夜、遊びに来てくれないかしら…なんて思ってみたり。

癒されたハナシを。
先日、友人が飼い始めたトイプードルの赤ちゃんを触りに行きました。
始まったばかりの生命のエネルギーといったらすごいです。
心に出来た空洞にじわーっと染み込んできます。
今の私には麻薬の様に、やめられない感たっぷり。
『癒し系の麻薬』です。

癒し 癒し 癒し

リカちゃんです。
止まっていないので写真を撮るのが大変で、少し可愛さが目減りしちゃったけど可愛い子でしょう?
またすぐ行ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

ラッキーかなぶんの次は…

今朝起きたら、窓と網戸の間に何かが入って貼りついていました。
葉っぱかしらと良く見たら、ヤモリです。

ラッキーかなぶんの次は…

私は虫は蚊でも苦手ですが、割と爬虫類などは大丈夫。
しかもヤモリは家守りとも言われて、ラッキーだと言われます。ラッキーかなぶんの次はラッキーヤモリちゃんです。

今日は台東区に行く用事がありました。
本所吾妻橋の駅を降りて道をたらたら歩いていたら、見た事のない建物が…
よくよく見たら、半分雨雲の中に入ってしまいちっちゃくなったスカイツリーでした。

ラッキーかなぶんの次は…

夜に帰宅して、窓を確認。
居ます。ヤモリちゃん。

ラッキーかなぶんの次は…

バックライトを浴びて、何だかカッコいいぞ!

このまま自分で出られないと死んでしまいそうなので、しばらく見守ってずっと居たら外に出してあげようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

祐天寺カフェ

先日良く晴れた日に、終日出かけていたのですが、夜は友人と会っていて、カフェでお喋りをしていました。夜中の11時位にそろそろお店も閉まるし帰ろう。となって、外を見てビックリ
まるで真夜中の夕立でした。
日焼けを気にする様な1日だったのですが、絵に描いたようなどしゃ降りです。

そのカフェは、のんびりゆったりしていて、美味しいし、何よりお値段が安くて近くに行けば立ち寄るカフェです。
店員さんの感じものんびりして良い空気感が漂っています。

お会計に立ったら、店員の方が自ら『傘はお持ちですか?』と、お声掛けして下さいました。
お高いレストランならともかく、コーヒーが300円で頂けるカジュアルなお店での事ですし、昔の喫茶店の様で何だか嬉しくなりました。
こんな気分になるのなら、突然の雨も悪くないですね。

祐天寺カフェ

『祐天寺カフェ』
目黒区祐天寺2-16-1

喫茶店が、一晩でそのまま今時のオシャレカフェに変身したかの様な、落ち着けるお店です。モーニングもやっている様です。
ひとりで行くのにも向いています。

今日もひとりで、傘をお返ししに立ち寄り、キウイソーダを戴いてきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

さんま祭り♪

今日は私の勝手なカレンダーでは秋の初日、友人のお店でさんま祭りでした。
さんま尽くしとおでんや鳥料理やその他色々♪
飲み放題食べ放題のセルフサービスの、ラフな宴でした。

  

いつものように、殆ど写真を撮り忘れ、送ってもらった写真もあります。
山盛りの焼き秋刀魚の写真を撮り忘れたのは悔しい!
気楽な友人を中心にお誘いして、その人達の連れも来てくれて楽しいテーブルになりました。

今年最初の秋のお祭り。
今週はまたすぐに、秋のお祭り第2段があります。テーマが『秋』の我が家での宴です。実は椅子の数より1人多い人数が来るので、ちょっとドキドキです。
明日、簡易的な折畳みの椅子を探さなきゃ。
見つからなかったら…笑って誤魔化そう

今年の秋〜冬は、お教室の再オープンに従って、我が家に人の集まる事が多そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

スッキリ

ずっとやらなくちゃと思いながらも放置していた作業があります。
キッチンのガスコンロの横の壁に取り付けてあるステンレスのボードを外して、位置を変えて付け直す、という作業です。

ステンレス用の穴あけドリルを買ってきて、準備はしてあったのですが、気合いがないと私ひとりでやるのは大変そうです。

昨日、アホみたいな1日を過ごしたので、反省も含めて今日やりました。

なかなか大変でしたが、私のかわいい『電動ドライバーちゃん』が頑張ってくれて、思ったよりは早く終わりました。

修理に伴って、納まるところに納まった大きな邪魔モノも片付きました。
スッキリ

冷蔵庫で、水菜の残りが溶けそうになっているのを発見し、慌てて微塵切りにして挽肉と練って餃子にしました。こちらもスッキリ

スッキリ〓

水菜って、火が通ってもしゃきしゃきするので、さわやかな餃子になりました。

スッキリ〓

美味しかった〜
慌ててお皿に盛ったら、何ともだらしない盛り付けになってしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

今夏最後のお祭り〜

今日は暇な女子高生の夏休みの様な1日でした。

昨夜遅くに友人とメールのやり取りをしていたら、都立大の和菓子屋『ちもと』のかき氷の話に。
『ちもと』のかき氷は大変な評判で、行列必須でその価値ありと夏になると話題に上がるのですが、近くに住んでいても行列の嫌いな私は行った事がなく、一度は行ってみたけど行列を見て素通りしました。

今年のかき氷は19日迄との事。何だかんだで朝っぱらから並んでしまおうとなりました。
二人なら並ぶのも苦ではないし、女子二人、喋りまくっていれば時間なんてすぐ経つさ。って感じで行ってきました。

並んだからにはと、一番豪華で人気の『おまかせ』にしました。

すごいボリュームです。
先ずは美しくパッキリ二色に練乳と上等な抹茶のシロップがどうやって削ったのかと思うような、ふわふわの繊細な正に“山盛り”の氷にかけてあり、掘り進むと中からあんこ、栗の渋皮煮、お団子三種類、羊羮、寒天、その他分かんないけど和菓子が数種類と矢継ぎに出てきて、何処かのグルメリポーターでなくても『宝石箱や〜』と言いたくなる様なしつらえです。

この暑さでも身体が冷えてしまうくらいに、食べ切った感満載でした。

そして夜は、これまた昨夜遅くに突然決まったのですが、もうすぐ終わりになる季節蕎麦の冷やしすだち蕎麦を食べに行く事になっていました。
こちらも今月いっぱいだという事で、すだち蕎麦を愛する友人と慌てて行く事になった次第。

ところが金曜日なので、人気の『土山人』は予約で満席で行けない事になり、『土山人』で修行されたと聞く『月心』へ行ってみる事になりました。

もちろん冷やしすだち蕎麦もあり、戴きました。
こちらはこちらで同系列ながらのメニュウ構成なのですが、出汁にまた違った個性があり、とても美味しく大満足。
土山人より小ぢんまりとしていて落ち着く感じでした。
きっとこちらもまたお邪魔します。

今日は夏最後のお祭りでした。
明後日は友人の経営する恵比寿の洋食屋さんで、毎年恒例の『さんま祭り』に参加します。こちらは秋最初のお祭りですから、今日は夜中の夕立ち?もあり、本当に夏の終わる日って感じがしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

柿の木ぽたぽた

斜向かいのお宅に割と大きな柿の木があります。
今まで、自宅の庭やご近所に柿の木のある家に住んだ事が無かったので、越したばかりの頃は、いずれ実が生り、色付くのが楽しみでした。

しかし、夏になり小さな青い実が付き始めるとすぐに、ぽたぽたと毎日少しづつ青いままの実が落ちてきます。
熟す季節に差し掛かっても、そのぽたぽたは止まらず、いやいや更に落ちる量が多くなり、もう大変です。
転がってきますからお掃除も大変ですが、何より暗くなってから帰宅する時など暗やみで踏んでしまうのです。
グニャリとした感じに、何を踏んだかと声を上げそうになります。

昔話によく出てきますから、子供の頃は庭に植えてほしいと思っていましたが、柿の木って大変なんですねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

使える調味料。トムヤムクンペースト。

先日冷蔵庫から発掘したトムヤムクンのペースト、相変わらず気に入って使っています。

今年は夏が暑かったから、ピッタリの味付け

今度はトムヤムクンペースト味の麻婆茄子を作ってみました。豆板醤の代わりに使っただけですが、かなり美味でした。
きっとこんなのタイの中華料理屋さんで出してるなっ(^-^)

またしてもさっさと食べちゃって写真はありませんが、想像どおりです。多分

まだまだ暑いので、もうひと品考えてみようかな。
そういえば、トムヤムクンスープは作ってないな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

かなぶん大発生。

今日の夕方、近所で喫茶店をやっている友人の所へ久しぶりに立ち寄りました。
だらだらと近況を喋っていたら、我が家の隣のマンションに住む、友人の娘さんご夫婦がいらっしゃいました。
今度はご近所話を繰り広げたのですが、かなぶんの話になりました。

お二人が言うには、今年は異例な程にかなぶん大発生なのだそうです。
ベランダのプランターを見るたびに、最低三匹は捕獲するし、花が終わって土を返して干すたびに、恐ろしい程の大量の幼虫が土の中に居るとの事。

しょっちゅうどこからともなく、閉めきった家の中にかなぶんが入ってくるので、とうとう虫取り網を購入した私ですが、『何故我が家だけに』と思っていたのは勘違いで、ここら辺のご近所は皆、うんざりしていた様子です。

かなぶんに何が起こっているのでしょうか?
この夏、ゴキブリは殆んど現われませんでしたから、あれがゴキブリだったら…と考えれば、恐ろしくなります。
かなぶんですから、まぁ良としましょう。
ラッキーかなぶんですしね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

満月パワー

友人とメールのやりとりをしていたら、友人が教えてくれました。

今夜は中秋の名月、しかも満月なのだそうです。

早速光を浴びに外に出ました。満月の光を浴びるとパワーが貰えると言います。神秘的に、静かな力強さで輝いていました。

満月パワー

あまり良く撮れませんでした。生で見て、パワーを貰ってください。
さぁちょっと外に出て、月を見ましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

お花と猫さん

夏も終わりかけ、時折秋の匂いがします。

まだまだ暑いから?なのか、駅に向かう道すがらいかにも夏っぽいお花を見かけました。

お花と猫さん

立派に大きくとても素敵にたくさん咲いていました。

このお花が咲いている辺りを少し過ぎた所に、我が家の界隈の地域猫が住み着いています。
カップルなのか、兄弟なのか…いつも、いつ出会っても2匹で居ます。
強気の白×黒のブチと、真っ黒の繊細ちゃん。

お花と猫さん お花と猫さん

ブチはいつも、猫好きをそそる声で『にゃあにゃあ』と道行く人に呼び掛けます。
なかなかの美声なのですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

すごいぞ!高枝切り鋏

我が家の小庭には無花果っぽい葉っぱをした木があります。
この時期に実がついていないので無花果ではなさそうですが、とにかく育つのが早く、この暑い夏に恐ろしく繁ってしまいました。

スズメバチが日陰を求めて立ち寄るので、気に入られて巣を作られるのでは!と恐れていました。
それに、毛虫が落ちてきそうだし…
木を伝って蔦が絡んで伸び、家にまで蔦が侵食してきてもいました。

誰彼構わず高枝切り鋏を持ってたら貸してくれ〜っ(><)と言いまくっていたら、1人名乗り出てくれました!
今日自ら持参してくれるとの事。その人の好物を作ってお迎えしました。

私は高枝切り鋏をお借りできるだけで嬉しかったのですが、労働まで付けてくれました。

少し日が陰るまで飲みながら待ち、ほとんどの枝を落としてくれました。
ありがとうございました。

おかげさまで小庭の見通しが良くなり、明るくなって、毛虫の心配もスズメバチの心配も無くなりました。

これから秋、冬になり、お隣への落ち葉の心配も減りました。

今年は暑さで人間たちはヘロヘロでしたが、植物は元気いっぱい大喜びで伸びまくりでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

夏のサラダ

今日は同じ晴れでも、昨日の秋っぽさはどこへやら、夏が戻った様な暑さでしたね。

夏に良く作る『夏のサラダ』をご紹介しましょう。

夏のサラダ

フランス人は良くパーティーをします。
在仏の日本人も日本に居る時は想像もしないくらい、普通の人(学生も会社員も)も『ご飯しに行かない?』的に、『週末家に来ない?』って感じでちょこっとパーティーです。
人を招いた時も、呼ばれて一品持っていく時も、本当に良く作ったのが海老とレタスの巻き寿司と夏のサラダ。

秋の声を聞いたこの季節に夏のサラダもないですが、これはパリの冬は暗いグレーのイメージで、夏はキラキラと沢山の色が溢れるイメージなので、カラフルなサラダにそう命名しただけの事です。

基本材料は人参、セロリ、キュウリ、コーン(缶詰でOK)、パプリカ(カラーピーマン)黄色は必ずで赤やオレンジはあれば色合いで。後は適当に好きなお野菜を。生のマッシュルームなんかも美味です。

ドレッシングは生の玉葱をすりおろして、大きめの空瓶に入れ、酢、レモン汁、塩、胡椒、お砂糖ひとつまみ、お好きなら粒マスタードを入れていったん蓋をしてシェイクして調味料を良く溶かします。溶けたら、オリーブオイルを足してまたシェイク。

さて、人参を1センチ角位に切ります。かぶる程度のお湯に塩を入れて軽く茹でてお湯を切り、大きめのボウルに移して少量のドレッシングで和えておきます。
ボウルにどんどんお野菜を同じようにコロコロに切って足していきます。キュウリは縦に二つに切り、ティースプーンで種の部分を掻き取ってしまいます。これが結構重要!水っぽくならないし歯ごたえが保てます。コーンも缶詰なら水を切って、冷凍なら解凍して入れます。
ドレッシングをたっぷりかけて良く和え、冷蔵庫で冷やしておきます。

このドレッシングは身体に良いので、出来たら全部食べちゃいましょう(^-^)
パンにつけても悪くないですよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

思い出

今日は暑いけど夏とは少し違ったなかなかの秋晴れでしたね。

昨日の出来事で、少し気持ちの整理が付かずに居ますが、この秋晴れに助けられています。

思い出というのは面白いものですね。
忘れ去って微塵も、言われてさえ思い出せない事もあれば、頻繁に沸き上がる事もあり、当初よりもより鮮明になっていくものもあります。忘れたくないのに薄れていく事も。どうだってよい取るに足らない事なのにいつまでも消えない思い出もあります。

『思い出』って人間だけが持つのでしょうかね。
シンプルな『記憶』とは、少し違って、感情や気持ちが乗っかっていますし。

友人は、いつもその時のお天気が付随して思い出されるそうです。逆にお天気から思い出したり。
私は周りの事やその時の環境は消えてしまったりぼやけてしまったりしますが、色や匂いや繊細なディテールが鮮明に残ります。

皆さんは何が際立って記憶に残っていきますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

メコさん。

このブログでは、笑えない暗い話は書かないと決めています。
でも、今日だけは書いてしまいます。ごめんなさい。

我が家のメコさんが今日の夕方、逝ってしまいました。
18歳と1ヶ月と1日。
私が取り上げて、へその緒を切った猫です。

最初はパリから日本へ、東京でも何度も引っ越しをさせてしまいました。
途中、事情があって辛い目にもあわせてしまいました。

生のお魚と、鰹節と、海苔と、牛乳やチーズが大好きでした。

元々小柄な猫ですが、とてもとても小さくなってしまいました。

この猫の母猫が、そもそもの私の飼っていた猫で、メコさんは6匹生まれた子猫の中の1匹を、妹がパリから連れ帰った子でした。

母猫のモンさんは、何を考えているか、何を要求しているか私には良く分かったし、モンさんも私の気持ちが読めていた様でしたが、メコさんは途中から私の所属になったので、そこまでは分かってあげられませんでした。

満足な最期を迎えさせてあげられているのだろうかと、ここ数日そればかりが気になって悲しくなっていました。

最期の数日間は、ずっと私を見つめ、声も出なくなりながらも口は『にゃあ、にゃあ』と鳴いていました。

苦しみが長く続かなかった事と、私がそばに居る時に逝った事に感謝しています。
ずっとそればかり、神様やご先祖様にお願いしていたので、聞き入れてくれたのでしょう。

メコさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

茄子とキャベツ

何となく具合の悪い変なお天気が続きますね。

日中は良いお天気なのに、日が暮れると突然雨が降り始めます。
気温はそんなに高くはないけれど、湿度の高さにうんざりしますね。

我が家の猫さんは、もう弱り切っているので、気温や湿度などで不快じゃないかと気になります。

今日も白滝が食べたくなりました。茄子とキャベツのとんこつラーメン風です。
“風”と言うのは、とんこつは練り胡麻で代用だから。
練りスープの素(ウェイパー等)と顆粒のガラスープで普通に中華のラーメンスープを作り野菜も入れ、麺も茹でてラーメンを作ります。
練り胡麻はなかなか溶けないので、お丼に大さじ1〜2杯練り胡麻を入れ、ほんの少しづつスープを加えては良く混ぜ、加えては良く混ぜを繰り返して溶かします。
ちゃんと溶けたら普通に麺と…私は白滝なんですが…スープを入れます。

茄子とキャベツ

練り胡麻を使うと、さっぱりしたとんこつみたいになります。
夏から秋は茄子もキャベツも美味しいですね。

美味しゅうございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

炭酸水らぶ

炭酸水が大好きで、冷蔵庫に欠かした事がないです。

ゼリーの材料にしたりもします。
濃く原液を作れる材料と合わせれば、すごく爽やかさっぱりシュワシュワゼリーができます。
濃く入れた紅茶とか、濃すぎるジュースとか、フランスでは濃縮還元のフルーツジュースの素が冷凍で売っていたな。レモン果汁と水とお砂糖や蜂蜜で原液を作って生のフルーツを入れたり。
ゼリーにしても、意外に炭酸が残りますよ。

さて、大体の作り方。
水分は合計して1リットルになるように用意します。
分量外に水を50cc位用意して、粉ゼラチンを大さじ1杯ふり入れて、しばし放置します。
炭酸水以外の水分を火にかけ沸騰したら、沸騰しないていどの火加減に落とすか火を切って、ふやかしたゼラチンを入れてよく溶かします。
あら熱を取って、炭酸水を加えて静かによく混ぜます。ここで、出来るだけ冷ましてから炭酸水を加えた方が炭酸が残りやすくなります。
後は冷やすだけです。

さて、今日は少し違う食べ方。
普通に作ったゼリーを器に入れ、そこに炭酸水をたっぷり注ぎます。
フルーツジュースで作ったゼリーは特に美味しいです。暑い日にぴったり。冷えすぎないのもGOODです。

先日の昭和の梅酒のゆるゆるゼリーに炭酸水をかけて食べました。

炭酸水らぶ 炭酸水らぶ

うん(^-^)美味しい♪梅酒サワーの感じですが、熱を入れてあるのでアルコールはほとんど感じません。でも梅ジュースではなく梅酒の味。
本当に美味しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

秋の宴

9月に陶芸家を中心とした、ギャラリーで知り合ったメンバーと、久々の宴を計画しました。

外のレストランで、その時来られる人だけで適当にランチや夕飯をしたりもしますが、基本的には我が家でふわふわと集まって食べて飲んで喋ります。

そもそもは古い友人の陶芸家を、私がご飯作るから、我が家でご飯食べよう!と誘った所から始まり、知り合いを誘い誘いしてのメンバー。
我が家は陶芸教室をやるために、大きな机と多少のスペースがあるから、皆気軽に来られるのです。
しかし、ここ何ヵ月かは私の事情で我が家での宴を開催できませんでした。
でもやっぱり、レストランではなく誰かの家だと、誰に気兼ねすることもなくお喋りできるし楽しめますよね。

そろそろやろうかな。と考えて提案してみたら、フットワークも軽く、即決。
いいですね。すぐ決まる。なかなか決まらず時間を食うとテンションが下がりますよね。しかも今回は新しい人も増えそうです♪
もう少し我が家が広かったら良いのですが…。まぁ、混み混みでも、それはそれで良いでしょう。ん?良いのか?うん、良しとする

皆忙しく、少し先の日程になりましたが日にちも決定し、少し経ったある日に一番若いパティシエを目指す青年からメール。
『テーマを決めませんか?』ナイス楽しくなります。

最近疲れ気味なので、持ち寄りにしてもらったのですが、彼の提案でテーマを『秋』に設定した持ち寄りです。
昔、20代の頃に、仮装したり、渋谷のラ○ホテルのスイートを借りて宴会・ゲームをして、服飾の仕事をしていた仲間でしたから罰ゲームも本格的に恥ずかし衣裳を用意して、渋谷の街にお使いに行かせたり。
色んな事をしたものです。

何だか最近遊びを忘れていた事を思い出させてもらえました。
さ〜て、『秋』。何を作ろうかな。ふざけるか、それとも真面目にやるかを考えるのも楽しいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

東京芸術大学“杜窯会”作陶展

今日は友人に連れられて、東京芸術大学の陶芸専攻の学部生と卒業生で構成される“杜窯会”の展示会へ行ってきました。

日本を代表する大御所から学生まで、本当に色んなタイプの作品が見られますし、購入できます。
作品の質の割にとても安く、お得です。

お時間があったら、行ってみると良いですよ。
楽しめると思います。

日本橋三越の本館6階。
9月6日火曜日まで。

帰りにとんかつ食べて、カフェでたくさんお喋りして帰ってきました。

帰宅してみると、またしてもかなぶんが家の中で暴れていました
もう勘弁してほしい。
今夜のかなぶんは、捕獲する間もなく部屋のどこかへ隠れてしまいました。
夜中に急に出たら怖いじゃないの!
外に出してあげるから、出てきておくれよ〜(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

最近の携帯電話って…

私はとても携帯電話器運が悪いのです。
滅多な事ではあり得ない故障、原因不明、出荷の時点で既に基盤が錆びていた、交換したのにその交換器がまた故障…等々。
そして今使っているのが交換したのに交換器が故障していてまた交換してもらった物なのですが、最終的な交換器が届いたのは今年の4月末だというのに、またしても!最近おかしいのです。
気ままに?勝手に電源が落ちて勝手に入る。好き勝手に再起動を繰り返し始めたのです。

昨日友人からも、買ったばかりの携帯電話が何の前触れもなく壊れ、電源すら入らなくなり、電話帳のメモリーが全消去になったと聞きました。

他にも、私やこの友人程ではないにせよ、携帯電話の不良の話を最近良く聞きます。

色々と言いたい事はあるのですが、何よりいくら文句を言ってもデータの保障は望めない訳です。
何だか緊張してきちゃって、今日は帰りに家電店でSDカードを購入してきました。
帰宅して、すぐさまSDカードにデータをコピーしてひと安心しました。
安心したら、文句を言いたくなってきたので、さっさと晩ご飯にしました。

今夜は白滝。
毎年今頃から…夏の終わりが近づくと白滝に取り憑かれます。前日まではまったく興味も無かったのに。
何故かは分からないけど無性にモリモリ白滝が食べたくなるのです。
昨年は冬場まで続きました。これから冷蔵庫の野菜室に、山の様に白滝がストックされてゆきます。

今夜はラーメン風。
何たってラーメンもブームですから(^-^)
ビバ白滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

お祖母ちゃん

過去からのご挨拶?をもうひとつ。

ネコたちの写真なんかよりも、ずっとずっと古い写真です。
もう、随分と前に亡くなってしまったお祖母ちゃんの写真も出てきました。

お祖母ちゃん〓

両親達さえ出会っていない頃のお祖母ちゃんです。(いや、そこまで古くないか…)

ちっちゃくてかわいくて、とても優しい穏やかなお祖母ちゃんでした。
私が幼稚園に通っている頃は両親の仕事がかなり忙しく、幼稚園にはお祖母ちゃんが迎えに来てくれて、いつもお祖母ちゃんの所で両親が車で迎えに来るのを、LEGOで遊びながら待っていました。

むか〜しむかしの、お祖母ちゃんが女学生だった頃の日本の生活の様子の話をしてくれたのも思い出します。

認知症になってからも、言ってる事がかわいいお祖母ちゃんでした。

懐かしいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »