« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

お肌のケアPart2手のケア

陶芸の仕事はとても手を荒らします。

土は手の油分を奪い、ほぼ一日中濡れたままだったりするし、お水も冷たいし。
うわぐすりはこれまた手を荒らす原因だし、長い間うわぐすりを触りっぱなしなんて当たり前。

もう最悪。
殆んどの陶芸家はシブい手をしています。

私は手の皮膚も弱く、普通にしていると指先は指紋に沿って裂けてきますし、手の甲は赤く腫れあがり、熱を持ち、しもやけに近い感じになります。

最初の頃は辛くて辛くて…。で、考え、試し、色々とやりました。
結果、なかなか素晴らしい方法を見つけました。

もう10年くらいやってますが、これ、ホントに良いから、手の辛いお仕事の方は是非ともやってみて欲しい。

基本的に顔と同じで、洗浄したら即ケア。

ファーマシーで普通に売っている『ユースキン』。
これが一番効きます。
手を酷使する美容師さんは大抵使っている様ですね。
でも、少し違います。
この違いは大きいですよ!

ユースキンをパチンコ玉2〜3個分位多いと思うでしょうが、手のひらに取ります。そこに化粧水をたっぷり目に取って、ゆっくり混ぜて乳化させつつ体温に近くします。
手のひら、手の甲、爪の隅々、腕の方までゆっくりすり込みながらマッサージします。
しばらくすると、吸収されてベタベタしなくなります。

出来るだけ、手を洗ったら毎回行うと荒れた手もすっかり甦ってきますよ。

この化粧水が肝心なのです。
化粧水はどんなものでも、お使いの物で大丈夫。
化粧水を混ぜると、驚くほどに効果が上がります。
…と言うより、化粧水を混ぜなければ大した効果は無い!とまで言ってしまおう!

少々荒療治ですが、顔が粉を吹くくらいに荒れたときも、これを顔に行うとかなり効きます。
顔は夜寝る前だけね。
オイル分は、日光に当てるのを避けたいから。
もちろん、顔はこすったりしない様に気を付けて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

お肌のケアPart1お顔のケア

ありがたい事ですが、よくお肌が年齢よりも若いと言っていただけます。(*^_^*)
もちろん優しい友人たち、そして私を恐いと思っている人たち?が気を遣って言ってくれてもいるのでしょうが、もしや多少なりとも本音も含まれていると希望を抱いて、私なりの基本をご紹介してみます。

そもそも、私はかなりの敏感肌のアレルギー持ちです。ちょっとした事でブツブツができたり、顔が腫れあがったりします。
遺伝でニキビなどはできにくい体質ですが、石鹸、シャンプー、基礎化粧品、化粧品にいたるまで、適当に何でもという訳にはいかないので、若い頃は肌トラブルがしょっちゅうでした。
フランスでもアレルギー反応しないモノを見つけるまで、何と母が日本からシャンプーを送っていました。

先ずは洗顔。
洗顔フォームに含まれる、洗浄効果以外を目的とした成分。これが良くないようです。

肌トラブルがひどくて困っていた10代の頃、『石鹸洗顔のすすめ』を書いた本か記事かを目にして試して以来、顔も石鹸で洗います。
そこにも書いてありましたが、最初の何日かは一旦ひどくなったりします。でも我慢して続けると驚くほどにトラブルがなくなりました。
当初は石鹸自体も物によって香料などが入っているとアレルギー反応したりしましたが、今は普通に石鹸であれば大抵大丈夫です。

例えば顔よりも強く汚れがちな“手”。ほとんどの汚れは石鹸できっちり落とせます。
メイク用品も手に付けてみて、石鹸で落ちるか試してみて、2、3度洗っても万が一落ちない物があったら、それを使った時だけオイルなどを使います。そんな事はあまりありませんが。

かなり良いのが、南フランスの特産品である『サボン・ド・マルセイユ』。ホントに良く汚れが落ちます。
パリで知人の画家が、筆をも洗っていました。『これが一番落ちんだよ!』って。

そして、しっかり石鹸で洗った後が重要。
どんなに長くても2〜3分以内に、実際に心がけているのは30秒以内!にスキンケアを始めます。
10秒遅くてもずいぶんちがいます。

たっぷりの化粧水を手のひらにとって体温に近くして、顔、首、手にしっかりと馴染ませます。
乾かない内に乳液やクリーム等をすぐに、やはり手のひらにとって体温に近くしてから馴染ませます。

もうひとつ気を付けているのはゴシゴシこすらない事。染み込ませるように、押さえ込むように。

実はこれだけ。
ここでまだ乾燥している感じがしたら、保湿クリームに化粧水を混ぜて、これまた体温に近くしてからしっかりと馴染ませます。

きっちり洗浄→すぐ水分補給→保湿&保護。
これが全てな気がします。
美白や肌質や、目的等は、選ぶ基礎化粧品の機能で変えていけば良いと思います。

私はアレルギーのせいで、高機能の基礎化粧品は使えないけれど、まったく問題ないので、この方法は悪くないのだと思います。

そうそう。できたら自分に合う基礎化粧品を2種類決めて、1本使いきるごとに交互に使用すると、その化粧品の効能をとても効率よく吸収できます。
これは、シャンプーなんかも同じです。

これらのやり方に加えて、私は夏場に何度かですが、石鹸で洗った後に何もつけずに自分の肌に焦りを与えて、自ら潤い成分を出す機能を刺激してやります。
冬場はリスクが大きいので控えますが、これが結構効き目ありです。かなりの荒療治ですが、ビシッとお肌に根性が入ります。

皆が知っていて、当たり前じゃん!って思われたら、長い文章を読ませてしまって申し訳ないですが、意外にも一番のポイントは、洗顔と化粧水の間をどれだけ開けないか!なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

食材の使い道

私の癖のようなものですが、料理法が限られていたり一度の使用量が少なかったりする食材を使って、違った使い方や料理を考えるのにハマったりすることがあります。
例えば紫蘇。
百枚売りをしているのを見かけて、沢山紫蘇を使える料理はないかって考えたり、保存出来る使い道はないかと考えたり。
茗荷にハマった事もありました。

ハマった他の食材は思い出せないけど、最近考えているのはじゅんさい。
あの“ねばねば”は何かにならないかなぁ…
じゅんさいだからこそ!っていうのが理想。
これは、じゅんさいの瓶詰が半額セールになっていたのを見つけて、購入したのがきっかけです。
ひとまず買ったじゅんさいは、おじやに入れて美味しく頂いたのですが、もっとあり得ない使い道ってないかなぁ…って考え始めちゃいました。

じゅんさいを使った料理と言えば、10年くらい前に良く行っていた、麻布十番の和食屋さん『花吹雪』だったかな。そのお店でいつも食べていた、じゅんさいの茶碗蒸しがかなり美味しかったのを思い出します。
閉店してしまったので、もう食べられない料理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

フレンチトーストはいつ食べる?

我が家の最寄り駅は、何とものんびりした小さな駅です。
ホントに何にもない。スーパーはおろか喫茶店すら無い駅でしたが…
昨年末、蕎麦屋さん閉店の後地にフレンチトースト専門店がOPENしました。
『Haru&haru』

フレンチトースト。子供の頃のノスタルジックな食べ物。実際の味だけではなくて、心が美味しい食べ物です。
しかし、どんなタイミングで食べたら良いのかよく分からなくて、なかなか行く機会がありませんでした。

今日は家に食料が無く、乾麺のウドンを食べ、物足りなさを感じていたので、『あ!今日じゃん!』となり、行ってきました。

プレーンな物に生チョコレートがかかった物を注文してみました。


フレンチトーストはいつ食べる?

650円にセットのコーヒーが300円。マリアージュフレールの紅茶も価格は違いますが何種類か置いてあります。

バゲッドを使った、フランス人が家庭で作るタイプです。フレンチトーストの影になって見えませんが、一緒にアイスクリームが添えられています。これがなかなか美味しい。ミルクのジェラートと言うのが一番近いかな。
コクがあるけどさっぱり。
フレンチトーストは、良い意味で普通に美味しいフレンチトーストです。

もう一度、今度は変化球なフレンチトーストを食べてみようかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

かぶの葉ナムル♪

ラブリーな粗食。
今日は残してあったかぶの葉でナムルを作りました。

粗微塵に切ったかぶの葉を塩揉みしてよく絞り、ほんの少しのおろしニンニクと粗挽き黒胡椒と胡麻油とすり胡麻を混ぜ混ぜするだけ。
手で混ぜるのがミソ!
さわやかで美味しい(^-^)

かぶの葉ナムル♪

お昼にお餅のサラダ巻きを3つも!食べたからか、夜はあまりお腹が空かず、かぶの葉ナムルとごはんとワカメスープだけのラブリーな粗食でした。

…と言いながら、発売したばかりのファミマのコンビニスイーツ『俺のエクレア』。やたらと美味しいとか試せとか言われて、食してみました。
これ、230円なのですが、このお値段でこの出来上がりは、かなり美味しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

お餅サラダ巻き。旨いが少々敗北の味(;^_^A

あぁもう、お腹空いてるけど箸も持ちたくないっ!って時にたまに食べるぷち罪悪感メニュウ。

いわゆる定形に切られて売っている海苔を、半分にします。
そこにハムか、ショルダーベーコンなど脂身少なめのそのまま食べられる肉類をペロンと乗せ、黒胡椒をたっぷり目に振ります。

お餅サラダ巻き。 お餅サラダ巻き。

お餅を濡らして電子レンジでチン♪して柔らかくし、これも乗せます。
ここにマヨネーズ少々と、レタス(私は水っぽくないサニーレタスの方が好き)を乗っけて海苔で手巻きして出来上がり。

お餅サラダ巻き。

そのまま手で食べちゃう。

お餅版のサラダ巻きです。
栄養もへったくれも無い割に、栄養を気にしている辺りがみみっちくてイイでしょう?

お腹に溜まるし、火は使わない、洗い物も殆んど出ない、すぐ出来る。
あーもう楽ちん♪の電子レンジチン♪です。
ビバ!電子レンジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

マリアージュ・フレール@銀座

今日は友人たちと会う事になり、行ってみたかった銀座のマリアージュ・フレールへ行きました。

なかなか落ち着く素敵な空間で、マリアージュのすべてのお茶が選べます。
あまりに多種で選びきれませんが、自分の好みを好き放題言えば、サービスの方が合うものを選んでくれます。
のんびりしすぎて必要以上に長居してしまいました。
少々お高めな価格ですが、たっぷりのポットサービスですから、決して高くはないと思いますよ。

銀座で長い時間つぶしが必要な時や、現実逃避をしたい時にはうってつけなお店だと思います。

夜はなかなか変わっていて面白い『香味』という台湾しゃぶしゃぶのお店へ行きました。
鍋がメインのお店ですが、具材の餃子がとても美味しくて、タレがまた美味。

美味しかった〜(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

のびちゃん

先日参加したお菓子のクラス、教えてくださる先生のお宅で行われたのですが、スタッフ?としてパトロールしていたのが、猫ののびちゃん。
17歳とは思えぬ若々しさで、私好みの何ともキュートな声でした。
お顔もなかなかの紳士顔。

のびちゃん

ピンクの肉球がたまらんでしょ?

帰宅して我が家の猫を見ると、ひとつ年上ではありますが、なかなかのお婆ちゃんぷり。
ま、これがまたかわいいんだけどね(^-^)

のびちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

仰天!大失敗(><)

昨夜のプチ宴もお開きになる頃、かなり冷えてきていたので何かノンアルコールで暖まる飲み物を作ろうと思いました。
最近欠かさないジンジャーシロップは、量が足りなかったので、スパイスでチャイを作ることに。

しかし昨日はお菓子のクラスに行ったノリか、いつもと違うことをやりたくなってしまいました。

お水に紅茶の茶葉を入れて火にかけ、フツフツしてきたら牛乳を同量くらいドバーッと入れ、極弱火にかけてゆっくり抽出します。
ここで普段は乾燥した好みのスパイスを入れて薫りを移すのですが、何を考えたかシナモンスティックを入れた後、生の生姜を入れたらどうだろうって思っちゃったのが運のツキ。
結果を確実に知るために、他のスパイスは入れなかったので原因は確か。
生の生姜は乳蛋白を凝固させるのですね
レモン入れちゃったかと思いました。
見るも無残な気色の悪い『ドロドロヘドロチャイ』が出来上がりました。

ううぅ…
人様にお出しするからって、一番上等のお砂糖をたっぷり使ったのに…

勿体ないので先ず漉して、さらに紅茶と牛乳を足し足し飲める程度になるまで調節した結果、今日は、『朝からいっくら飲んでも無くならない地獄』を味わっております。

オトナになっても、まだまだ知らない事はありますなぁ…

あぁ…甘くない物が飲みたい…キモチが悪い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

お菓子のクラス☆シュー

今日は待ちわびたシューのクラス。
お土産に持ちかえる分もあるようなので、ひとりで食べるのも勿体ないからぷち宴をする事にしました。

しかし、深く考えずに人を呼んだ所為で、昨日は買い出しにお掃除、今日は朝から食事の仕込みと忙しくなってしまいました。

寝不足〜

さて、20年ぶりのお料理?教室。
なかなか楽しかったです。

苺のクッキーシュークリームと普通のプチシューにアボカドベースのスタッフとパプリカベースのスタッフの詰め物をしたシュー。
最後に皆で戴きました。

お菓子のクラス☆シュー

久々に見たお菓子作りの工程は幸せ感たっぷり目で、途中経過さえ非常に可愛らしいものでした。

シュケット&グージェール

お菓子のクラス☆シュー お菓子のクラス☆シュー

クッキーシュー。カリカリのシュークリーム。


お菓子のクラス☆シュー お菓子のクラス☆シュー

シュケット目当てに行きましたが、グージェールが簡単な事を知ってすごく作ってみたくなりました。
シュケットは中身を詰めない空っぽの、あられ糖を振りかけて焼いた軽いおやつシュー。小さく作られているのが普通です。
グージェールはチーズなどを生地に混ぜて、上にもチーズやスパイスなどをかけて焼いた前菜などに使うプチシューです。

ああしたい、こうしたい、あれを詰めたら美味しかろう、これを使うと美しかろう…とクラスの最中から妄想を始めてしまいました。
ただ、オーヴン仕事になると途端にハードルが上がり、面倒くさいと感じてしまうたちなので、怪しいヤル気ですが…

帰り際、『ごちそうさまでした(^-^)』と、間違ったご挨拶をしたら、『家でも作ってください』と言われてしまいました。
ごもっとも。
私自身も、教える仕事をしているくせに、何と失礼な物言いでしょう!
申し訳ありませんでしたm(__)m
またしてもダメな大人っぷりを発揮しちゃいました。

戴いて帰ったシュー達は、かなり喜ばれて友人たちの胃袋へと瞬時に吸い込まれていきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

計り

2年前に今のお家に引っ越す時、キッチン用の計りはお菓子をよく作る妹の所へ行ってしまい、私は買おう買おうと思いながらも未だ持っていません。
というのも、陶芸用に持っている計りがなかなか正確で、いちいち掃除したり上部の計る物を乗せる板にラップを貼って使ったりと気を遣いますが、使い慣れてもいて事足りているから。

計り

これを料理にも使っているのを知ったら、生徒さんはギョッとしちゃうかな。
昔のお肉屋さんみたいでしょ(^-^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

簡単♪簡単♪人参のナムル

先日の宴から、小品をひとつ。

ちょっと一品欲しい時。口内炎ができたり指先が割れてきたりとビタミンB群が不足していたり。そんな時に重宝するのが人参のナムルです。
簡単で美味しくて栄養もある。

人参を(私は皮ごと使います。)斜めに薄切りにして、それを端から重ねて千切りにします。
塩をして良く混ぜ、水分が出てしっとりしてきたら、ギュッと水分を絞ります。
下ろしニンニク少々、胡麻油、すり胡麻白(たっぷり)、粗挽きの黒胡椒(多め)を入れて良く手で混ぜます。
味を見て塩が足りなければ足します。

簡単♪簡単♪人参のナムル

おしまい(^-^)
簡単でしょう?

うすーくマヨネーズを塗ったパンに、たっぷり挟んでサンドイッチにしてもかなり美味です。

セロリでも美味しくできます。セロリ嫌いの4〜5人に食べさせて、2人が美味しい!と言って食べました。ひとりは『生まれて初めてセロリを旨いと思った。』って言ってました。
もうひとりは、それ以来セロリがだんだん食べられるようになったそうです。
残りの2〜3人は『やっぱりキライ。』だそうです

セロリナムルは繊維に直角方向に斜め薄切りにして、人参と同じ作り方。

ゴボウでも美味しいゴボウナムルが出来ます。
ゴボウは粗めの笹がきか、縦半分に切って、斜めに小口に薄切りにして、塩を入れた熱湯で歯応えが残るように軽めに湯がきます。
水分をしっかり取り、同じように下ろしニンニク少々、胡麻油、粗挽きの黒胡椒(多め)を入れて良く手で混ぜます。ゴボウには、胡麻は白煎り胡麻の方が私は好きです。
味を見て塩が足りなければ足します。
最後に焼き海苔を粗く揉んで軽く混ぜます。

要するにアクの強いものと塩で水分の出にくいものは湯がいて、水分をしっかり取って。それ以外は塩で水分を出して使えば、大抵の物は簡単にナムルになっちゃいます。

お漬物はなかなか一品としてお客さまに出しにくいけど、手間は変わらずに一品増やせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

ジンジャーシロップ

ジンジャーエール大好き
最近、自分でジンジャーシロップを作ります。
冷蔵庫に保存しておいて、炭酸水で割ればいつでもジンジャーエール♪

寒い日は、お湯で割ると身体ホカホカ(^-^)のホットジンジャー。

料理研究家の若山曜子さんのレシピでお砂糖を黒糖など、ミネラルの多いものに変えて作っています。

ジンジャーシロップ

もちろん普通に白いお砂糖でも。
私のはお砂糖が黒いので、茶色いジンジャーエールになります。
美しさ重視なら、白いお砂糖で。新生姜で作るとフレッシュでやわらかい味になるようです。
私は生姜が大好きなので、濃い味の普通の生姜を使います。

生姜100gは皮をスプーン等で削って取り、5ミリ厚さくらいに切っておきます。
鍋にお水300cc、黒糖やきび砂糖など砂糖類150gを入れ火にかけて、沸騰したら生姜を入れます。
弱火でコトコト30分。
漉してビンなどに入れ、冷まして冷蔵庫に保存します。

ジンジャーシロップ

美味しいから作ってみてね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

んー眠れないぞ…

夜中の3時。
明日早いのに、何だか眠れない。

じわ〜っとほのかに寂しい気持ちになっている。

先日、友人に『寒いと寂しくなるから、暖かくしてね』って言われたなぁ…
そういう事かな。
確かにすごぉく寒い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

今日は『蒸し肉』をご紹介♪

昔、JR目黒駅のすぐ横に『メコン川』というカンボジア料理のお店がありました。多分5年位前に閉店したのですが、そのお店のメニュウに“蒸し肉”というのがありました。(多分こんな名前だったと思う)

すごく気に入っていたのですが、昨年末に急に思い出して無性に食べたくなってしまいました。
でももう『メコン川』はないし、移転したという話も聞かないので、これはもう記憶と妄想で“蒸し肉モドキ”を作るしかない。
試行錯誤と想像力の駆使で、何回か試作しました。

ようやく何となく妄想からの欲望を満足させる程度の再現が出来ました。
多分、本物とは違っているのでしょうが、ま、OKとしました。

〈材料〉
豚挽肉200g
コリアンダー1束(少ない束なら2〜3束)
青唐辛子2〜5本(物によって辛さが違うので注意。全く辛くなければ赤唐辛子も加える)
ニンニク1片
生姜多め(2センチ位)
玉ねぎ小半個
乾燥春雨10g
ナンプラー小さじ1
紹興主酒小さじ1
ウェイパー(中華の練りタイプスープの素)小さじ半分

〈作り方〉
豚挽肉を大きめのボウルの中で良く練って粘りを出す。
コリアンダーは根の部分も全部みじん切り、青唐辛子、ニンニク、生姜、玉ねぎも全てみじん切り、熱湯に浸して戻した春雨も細かく切って、それ以外の調味料も全部挽肉のボウルに足して良く混ぜる。

耐熱ボウルに入れ、表面をならして真ん中は少しくぼませる。
ラップを肉種にぴったり貼り付けるようにして、水分が逃げないようにする。
更に蓋かラップをかけると良い。

電子レンジ600Wで8分。時間はレンジによるので、一応念のため真ん中辺りをスプーン等で掘ってみて、火が通っているか確認。
元の状態に戻して、レンジの中に置いたまま3分位は放置して肉汁を吸わせて落ち着かせる。

出来上がり♪

 

そのままか好みでお醤油を少し垂らして、レタスに包んで食べます。ヌクチャム(ベトナムの辛いタレです)とか作ったら、より美味しいと思います。
私はそのままが好き。

賞味期限がギリギリの挽肉がある時にもオススメ。
ニンニクや生姜や唐辛子等の殺菌効果のある材料を結構使うし、心配なく頂けます。

野菜も沢山摂れるし、刻んで混ぜてチン♪ですから、かなり簡単なのでオススメです。
本当は蒸すんですけど…

来客の時は下ごしらえして、お出しする陶器やガラスの鉢に移して電子レンジにかけられるようにラップおいて、チンしている間にレタスを洗ってちぎって盛り付けちゃえば、すぐに出来上がるのにすごく簡単で手が込んでいるように見えて、非常に便利な一品です(^-^)

『メコン川』の物は、かなり辛く味付けしてあり、汗が出るほどでした。
唐辛子によって、好みによって青唐辛子又は赤唐辛子の量を調節してね〜
ここのところ買った青唐辛子は、ことごとく全滅で、まったく辛くない物続きでした。なので辛味は赤唐辛子をたっぷり入れてます♪
ちなみに、青唐辛子はそのまま冷凍しておけるので、安いお店で沢山入ったのを買っても大丈夫です(^-^)

一度コリアンダーが高くてカチンときたのでコリアンダー抜きで作ってみましたが、結構美味しく出来ました。コリアンダーが苦手な方は、無しにしても問題ナシです。

※写真貼りつけました。
 写真は倍量で作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うぅっ…寒い

すごい…胡麻油が寒過ぎて固まっている…
ここは本当に東京なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

かぶの葉おじや

かぶの葉おじや

昨日、ぷちブーケを戴きました♪可愛いでしょ?
水切りしてたら、短く切りすぎちゃった。カップに埋もれる可愛いブーケ。

さて今日は、昨日ご紹介した生ハムかぶのかぶの葉ソースで余ったかぶの葉で、朝からおじやを作りました。ほとんどが葉っぱ(^-^)

かぶの葉おじや

今朝は珍しくお腹が空いていたから。かぶの葉も、痛んでしまいますからね。
こういう、捨てがちな部分が結構好きなのです。
大根やかぶなどの皮や葉、コリアンダーの根っこ、お肉の硬いスジ、鳥の関節周りの軟骨、お魚の皮、海老の頭や尻尾。などなど、食べちゃうと少々みっともない物もあります。

…という訳で、まだ生ハムかぶの余りのかぶの皮が冷蔵庫にある〜♪
年末のリベンジにかぶの皮そぼろでも作るかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

生ハムかぶのかぶの葉ソース♪

一昨日の我が家での新年の宴は、メインが鍋でした。
これは私以外の友人たちが手分けして食材を持ち寄る事になったので、私は土鍋と卓上コンロとだし汁を用意するだけでした。

では私は?私は『それ以外』の担当。つまみなど。

最近の我が家での宴ではいつもの事なのですが、私がその時にハマっている物を作ります。

で、今回は北欧の友人に教わったホットワイン(かなり以前にご紹介したと思う)、胡瓜とモッツァレラチーズの味噌和え(これも先日ご紹介した物)、生ハムとかぶの前菜、人参のナムル、蒸し肉。こんな感じでした。

今日は最近のお気に入りのひとつ、『生ハムかぶのかぶの葉ソース』をご紹介しましょう。

おつまみにも良いし、一切火を使わない、見栄えのする前菜。
大人な味です。

<材料>
かぶ、生ハム、かぶの葉、パルメザンチーズ(粉)、オリーブ油、塩、胡椒。

<作り方>
かぶは皮をむいて8等分にする。
切ったかぶが8割包めるくらいに生ハムをカットして、かぶを包んでお皿に並べる。

生ハムかぶの

かぶの葉1個分を粗微塵にして、パルメザンチーズの粉大さじ4、オリーブ油150g、塩、胡椒と一緒にフードプロセッサーにかけてソースにする。

生ハムかぶのかぶの葉ソース

並べたかぶにソースをたっぷりかけて出来上がり。

生ハムかぶの

色も美しく、とてもさわやかな生のかぶとソースの取り合わせが、皆に気に入ってもらえます。
何かで見て覚えた料理なのですが、何だったのか忘れちゃいました。えへへ…

おしゃべりしながら仕上げをしていたので、うっかり写真を取り忘れました。
近々また作って、後から貼りつけますね。

写真、貼りつけました。
ピンぼけしちゃった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

今日も新年会。

今日は久しぶりに友人のお店で新年会。
恵比寿の洋食屋さんです。
ずっと食べたかった牡蠣のグラタンを食べました。
美味しいのです、これ。

今日も新年会。

基本的に何を食べても美味しいお店なのですが、お気に入りのひとつ♪

それにハンバーグ。これまたいつも注文しちゃう(^-^)

今日も新年会。

お腹いっぱいです。

一年に一度か二度しか会えない人たちとの新年会だったので、いっそう楽しい宴でした。
参加できない方も多くて、そこは残念でしたが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

うれしいのだ

今日はちょっと嬉しい事がありました。

随分前に、かなり面白がって作った箸置き?置物?いやいや動物??という感じの少々間の抜けた小さなペアがあって、一度だけ代官山の展示で置いたのですが、すごくかわいい奴らなのに誰にも反応してもらえずらちょっと悲しくて、それ以来展示しないで家の見えるところに並べて置いてありました。

今日は我が家に、椅子の数より多い来客(!)があったのですが、その中のおひとりに彼らが見初められたのです。
予想もしなかったので、すごく嬉しかったのに、びっくりして私なりの正しい反応が出来ませんでした。

大事にしてくれるって言ってくれました。
泣けます。
時折、買って下さってお帰りになる間際にこんな風に言っていただいたり、後から、とても大切にしてるんです。って言っていただいたりしますが、ホントに嬉しい瞬間です。

横隔膜の辺りが熱くなります。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

アキバ

今日は用事で秋葉原へ。
かな〜り久しぶりで、朝から何だか少々ウキウキしちゃいました。

何か電気街で必要なものは無いか!?って考えて、別に近所の大きなヤマダ電気で買えば良いのだけれど、プリンタのインクが無い!(しかも妹の)って気が付いて、よぉ〜し電気街だっ。となりました。

ランチを兼ねたぷち打ち合わせなので、明るい時間の秋葉原でした。
駅ビルでフラフラしていたら、一時間遅らせて欲しいとの連絡。
オマケを貰ったみたいな気分になって、ここぞとばかりに駅周りをウロウロしちゃいました。

アキバ

まずは駅がきれいになっていてびっくり!駅周りも含めて私の記憶の中の秋葉原とは全く違っていました。
かつての秋葉原も味があって好きでしたが、こういう先端の置き場は、現代的な雰囲気が似合うとも思います。

自分のテリトリーと違う所へ行くと、普段見かけないお店や、知らなかったお店、聞いていたけど行ったことなかったお店などいっぱい見つけられて面白い(^-^)

これで余計なお買物さえしなければ言う事ないのですが…ね。

案の定、買うか買わないか2か月も迷っていて、もう買わない方向になっていた物を見つけてしまって、買ってしまいました。
意地でも元を取るぞ〜
あ、でも素敵なお買物もひとつ出来ました。

さて、さっさと帰宅して、明日の我が家での新年の宴の買い出しと、家のお掃除をしなくては!
怠けていたせいで、家中恐ろしい事になっています(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

寒いにゃあ

今夜は寒くて何もしたくない〜
猫さんも日中からずっと、私お手製のペットボトル湯たんぽにしがみついている。

夜になってさすがにお腹が空いた様で、キッチンと私の間を行ったり来たりしながら、『にゃおにゃお』訴えている。
その口から漏れる『にゃあ』の息が白い!びっくりしつつ、まじまじと見ちゃう。
考えてみれば当たり前なんだけど、猫の息が白いって馴染みが無いからねぇ…

今夜のご飯は温めてあげようね(^-^)

寒いにゃあ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

コミネベーカリー@武蔵小山

今日はついでがあったので、ずいぶん以前から気になっていた武蔵小山のちょっと有名な地元系パン屋さんへ寄り道してみました。

『コミネベーカリー』というお店で、武蔵小山の長〜い商店街の入り口近くと出口近くに、ふたつの店舗を構えています。

ふたつのお店、少々商品構成が違う部分もあるようなのだけれど、基本的に“街のパン屋さん”のスタンスを正しく守っているのが素敵です。

わくわくする様な街のパン屋さん。

ずっしりしたあんぱんが人気らしいのだけれど、私はお惣菜パン的なのをより気に入っちゃった。

サンドイッチなんかも、すごくさっぱりとしていて(例えばポテトサラダのサンドイッチ。マヨネーズをあまり使っていなくて、でも味はしっかり。)好みは分かれそうだけれど、かなり美味でした。
何よりパンの美味しいこと。

目移りして、買い過ぎて、食べ過ぎて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

どうしようもないワタクシです。

今さらまだ年賀状を書いている
印刷も我が家のパソコンは使えないので、妹の所へいちいち行っては借りている。
年賀状が足りなくて、今日また行っていたのだけれど、年賀状を印刷する前に原因不明の故障で使えなくなってしまった。

もう年賀状は無いから、今年も殆んど出さずに失礼な奴となります。
皆様本当にごめんなさいm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

嬉しい話

昨年からの、懐かしい友人・知人の復活祭り?の流れで年明け早々に、パリで一緒に暮らしていた友人と、久しぶりに連絡を取り合い始めました。

彼女は遠方に越して、マメさに欠ける私は連絡を取る事が少なくなってしまって居たのです。
私もまたこうしてブログの更新を再開しましたが、彼女との交流復活もきっかけはブログ。
年賀状にブログを始めた事とアドレスを書いてくれたから。

私なんて、もう2年も年賀状を書いていないし(いや3年だ。今年もお返事しか書かなかったわ。)、ブログ再開の事も言わぬまま…
彼女がきちんと年賀状をくれて、ブログの事も知らせてくれたから!です。
本当にありがとう。
私も見習って、ちゃんとしなくちゃね。

こんな風に、まとめて続けざまに懐かしい友人達との復活や再会が続くと、これには意味があるって感じます。
昨年から、新しい出会いも増えてきました。

今年は再会と新しい出会いを大切にしていくと、何かが見えてくるのかな(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

ちっちゃい仕事

今日は、昨日浅草橋で仕入れてきたアクセサリーのパーツで試作。
寒いのと指先の手荒れで、1ミリ前後のパーツが上手く扱えずにぼろぼろ落として、どこかへ幾つも幾つも消えていった。
ううっ悲しい。

しかしながら、焼き上がりを見て少しだけガッカリしていた陶のチャームが、アクセサリーにちゃんと仕上げると、やっぱりイイ感じだったのでホッ(^-^)
しばらく自分で使ってみよう。
それから進化させて、作品にしなくちゃ。

以前は皮やヘンプ紐等を組み合わせるのが主だったのだけれど、最近メタル物の方に重点が移動してきている。
陶の方を白に移行したせいかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

なう

最近ちまたに『なう』がいっぱいで、もう『なう』が『NOW』と繋がらなくなってきた。

最初の頃は、(フランスやアメリカしか実際は知らないけれど)海外に住む日本人達が使う現地語混じりの日本語の様に、簡単だし言葉に表情が出て悪くないな。って思っていたけれど、ここまで、テレビの情報番組的なものの副題なんかにも使われているのを見ると、何だか気持ちが悪くなってきた。

これは多分、既に日本語の中に『NOW』が存在しちゃっているからだと考える。

私自身は英語はともかく(3歳位から英語には親しんでいたので)、フランス語は大分大人になってから(高校で必修だった)学んだせいか、たまたま日本語に同じような発音の、全く意味の違う言葉があったりすると違和感もあり、何度聞いても可笑しくて仕方なかったものだ。
結局、フランスに住み始めてフランス語が身体に染み付くまでは、多かれ少なかれ続いた感覚だった。

そういえば妹も、中学生になってすぐの頃『ピーポー♪ピーポー♪』と救急車の様に連呼しつつ『お姉ちゃん、ピーポーって何?今日英語の先生がスピーチしてて、ピーポーって言ってた。』って言ってたっけ。
これも同じ感覚なんだと思う。

この感覚に似ている気がする。『なう』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

『干支展』

今日は、友人が参加している干支展をやっているので、新年のごあいさつも兼ねて自由が丘の知人のギャラリーへ行ってきました。

またしても(先日一度やってしまった)長居してしまいました。
年末〜お正月の話や、こんな企画面白いかもね!とか…話しているうちに、夕方にちょっと顔を出すつもりが、気が付いたらすっかり遅くなってしまいました。
邪魔してごめんなさい。

『干支展』10日までですが、何人かの作家が参加していて、楽しめる展示です。
今年の干支、うさぎをモチーフに陶人形と張り子が出品されています。
お時間があったら是非覗いてみて下さいね。

つぐをギャラリー
世田谷区奥沢5−31−20ニッソウ自由が丘101
03−3722−7900
11:30〜19:00

自由が丘駅から徒歩5分程です。

『干支展』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

お菓子のお教室

昨年ネット上で知り合いになった料理研究家の方がいるのですが、話すキッカケになったのがフランスのポピュラーなお菓子『シュケット』というものでした。

彼女主催の料理教室の今月の題材がシュー!
シュケットもバリエーションで作る事にした様です。

シューのクラスの開催決定の案内をずっと待ちわびていたのですが、手違いで私の所には案内のメールが届かず、関係のない話題でのブログへのコメントへの返信で確認してくれてセーフ!後1、2席となっていたのでした。
間に合って良かった!感謝!

と言う訳で、今月、20年振りに料理教室へ参加します。

最後に料理教室へ行ったのはパリで、まだ行って間もない頃に、語学学校の友人3人でキッシュの個人クラスへ行きました。
マダムフランスという名前の、ちょっと可笑しな日本語を話す女性でした。
私はそれっきり一度も家で作ることはありませんでしたが、友人の一人は具材を変えたりして幾度も幾度も作ったそうです。きっと今でも作っている事でしょう。
私の分も彼女が元を取ってくれた気がします。

久々の料理教室、楽しみです(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

なんちゃってスイートポテト

昨年末、巨大なさつま芋がびっくりするようなお値段で出ていて、『とりあえず買わなくっちゃ!』って買いました。

しかし、あまりに巨大なのが2本も入っていて、どうにもこうにも消費できず、お正月明けて今日もまだ丸々1本と3分の1残っていました。

さて何かに使わなきゃ。と思いましたが、使いきれない安売りのお芋の為に他の材料を用意するのは、何かに負けた気がしますので、“他の材料を用意しなくて良くて日持ちするもの!”という事で『スイートポテト…風おやつ』を作ることにしました。

もう、ものすごい作り方。
時間も光熱費も手間も食材も最小限。

良く洗って皮ごと適当に切って、もう一度ざっと洗ったさつま芋を、耐熱ボウルに入れ、蓋をして600Wでおよそ10分チン♪(大きめのさつま芋1本分くらい)
フォークで潰れるくらいになったら、熱い内にバターと牛乳とお砂糖を加えて、潰し混ぜます。お塩も少々。
味を見て好きな味に調節。

耐熱カップか、お弁当用のアルミカップに小分けにして、表面をならし卵黄を薄く塗る。

オーブントースターで焦げ目が付くまで焼く。

なんちゃってスイートポテト

今回は卵黄を塗って焼いたもの、黒糖パウダーをかけて焼いたもの、そのまま焼いたもの。3種類を焼いてみました。

電子レンジとオーブントースターで作ったのに、美味しくて驚いた〜(期待が低かったから??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

柚子のホットケーキ

今日は寝正月最終日。
夜は大して空腹ではなかったのだけれど、妙に甘いものを食べたくて仕方なかったから、ホットケーキを作りました。

普通に作っても芸が無いので、冷蔵庫に転がっていた柚子を使う事に。

柚子の皮を下ろした物と、柚子の絞り汁を加えて、甘さ強めで焼きました。

焼いている間は、ちょっとマドレーヌの香りが漂いました。
食べてみると、マドレーヌよりもさっぱりして(ホットケーキだもん。当たり前よね。)ふわふわで美味しかった♪
もちろん、先日戴いた素敵紅茶を一緒に頂きました。

手抜き感満ち溢れる夕食でしたが、『あー満足!』でした(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

美肌スープ

昨日は、先日戴いた香港土産の美肌スープを作りました。
合計4時間煮込まなければならない物なので、おせち代わりにお正月に煮込もうと決めていました。

美肌スープ

今年は完璧なる引きこもり正月なので、煮込み料理にはぴったり♪

パッケージの中の具材は8種類位は入っていて、用意するのは水と塩のみ。
作り方は、英語表記もあって大丈夫ですが、具材によって下処理が違うとかで、それは分かるのですが、具材の全てがカラカラに干からびていて、一体全体どれが魚の胃袋なのか、どれが肉なのか、白いキノコとはどれを指しているのか…。
全く分からない
仕方ないから舐めたり嗅いだりして突き止めました。

出来上がりはコラーゲンもたっぷりな感じですが、どちらかと言うと薬膳スープ。香りがとにかく良くて、澄んだとても上品な美味しいスープでした。

昨日はそのまますっきりと味わって、(なんせ水の分量が12カップですから1日では食べきれない)今日は中華スープの素など足して、麺を入れて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます。

長い間、停止していたブログを再開して、その時決めたのが“毎日更新する”ということだけでした。
何とか出来ました。

今年も出来るかぎりは毎日更新!しようと思います。

何かを毎日やるって、悪くないですね。

今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣Part2熊野神社

行って来ました熊野神社。
あまりの寒さに眠気も吹っ飛びました。

お詣りして、破魔矢を戴いてきました。
いつも昔から、我が家では何の疑いもなく破魔矢を神棚に上げていましたが、ふと今日は『どのようにしたら良いですか?』って聞いてみました。
そうしたら、『神棚でも問題はありませんが、破魔矢は邪を払うものですから、玄関が適当ですね。』と言われました。

いやぁ〜…幼い頃から毎年お正月には、新しい破魔矢を戴いて、古いものはお納めする。って事と、戴いてきた破魔矢は神棚に上げる。って事が、当たり前として刷り込まれ、いち度も、改めて考えたこともなかったけれど、良く考えれば確かに邪を払うものです。そりゃあまずは玄関で払うべきですよね。

帰宅してすぐに、玄関の上の方に(少々へんてこな感じにはなっちゃったけど)置きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣。

大晦日の夜は妹の家でパソコン触りつつだらだら食いしながら、気が付いたらの年明けでした。
そこから、行きつけ神社@虎ノ門へ行き、初詣&おみくじ。
“小吉”でしたが、読んでみると神様っているよ!って言いたくなるお言葉でした。
ここ2年の私を見ていたとしか思えぬ内容に涙が出そうでした。

帰り道、東京タワーの電飾が“2011”になっていたので写真をとってみました。見えるかな〜

初詣。

今帰宅して深夜の3時半。
眠いけど、本来は先に詣でるべき氏神さまの所へも新年のご挨拶へ行かねば。
猫さまにご飯をあげて、熊野神社@自由が丘へ行って参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »