« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月19日 (月)

白いアスパラガス

何だか急にホワイトアスパラガスが食べたくなっちゃいました。
日本でも最近は見かけますが、フランスではアスパラガスと言えば、まずは白い物を連想するくらいに白いアスパラガスは一般的です。
すごく太くて真っ白で、穂先きがほんの少しだけピンク紫がかっています。
フランスでは日本で買うような値段ではなく、旬にはお安く買えるので嬉しい^^
お休みの日などは、朝から市場に行ってランチの食材と共に立派な白アスパラをひと盛り、いやふた盛り?買い求めます。
まずはアスパラの下の方の固い部分を切り落とし、皮の固い所はピーラーで剥いておきます。
この立派な白いアスパラガスを柔らかくなるまでしっかり茹で、マヨネーズと一緒につまみ食いをしながら、ランチをのんびりと作るというのが楽しい休日のお料理でした。
マヨネーズもフランスの人はチャッチャッと手作りしちゃいます。
あ〜っ!ホワイトアスパラ〜っ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

我が家の猫の親子

今日考えた事。
我が家には猫が2匹いますが、たまに出て来る『モンさん』と、モンさんがパリで『マックス』という名のねずみ色の猫との間に生んだ『めこ』という娘猫です。
このモンさん、2度のお産の経験があります。
1度目は生後7ヶ月で妊娠して、ほぼ9ヶ月で出産しました。
で、今日たまたま冷静に考えてみたらスゴイ事に気が付きました。
猫が長生きして20年位です。人の長生きで100年。
それで20年生きる動物が、生後1年足らずで出産と言う事は、100年生きる人間は5歳で産んじゃう事になってしまう!
1年で子供を産む動物が20年も生きると言うのがすごいし。
猫達はゆっくり育つ事の出来ない生き物だった訳ね。
我が家の親子猫は1歳違いなので、一緒に老けてゆきます。
今年のお誕生日で(何と母猫はお誕生日が私と同じ。娘猫は父猫の飼い主とお誕生日が同じ。)母猫15歳、娘猫14歳。
人生(猫生?)の3分の2が過ぎていると言う事ですね・・・しんみり・・・

Nec_0079

Nec_0164

左のは『めこ』。
右は親子2ショット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

フランスのカフェ

フランスのカフェで、色々な見なれない飲み物を試すのも面白いです。
レモネードはほぼサイダー、シトロンプレッセはいわゆるレモネードで生のレモンの絞り汁とお砂糖と水で好きな味に割って、パナシェ(ビール+レモネード)、ヴァン・ショー(ホットワイン)、マンタロー(ミントシロップ+水)、ディアボロ・マント(ミントシロップ+レモネード)etc ... 。
パリでは、エスプレッソにほんの少しミルクを落とした物をノワゼットと言ってました。
これは色から来ている通称です。ノワゼット=はしばみの実で、この実が淡褐色をしてるので。
良く見た光景で少しビックリしたのは、朝食にカフェオレを飲む所までは普通なのですが、フランスパンを縦に切ってバターまたはバター&ジャムを塗った物をこの暖かいカフェオレ浸して食べるのです。
初めて見た時は、かなりギョッとしました。
試してみましたが私は今一つ好きになれませんでした。
でも気に入っていた友人も居たので、これは好み。
あちこちのカフェに、色んな時間に行ってみて、ゆっくり周りを観察してみるとなかなか面白いですよ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

フランスでお酒

フランスでは、想像通り・・いやそれ以上にワインを飲みます。
私が暮らしていた頃と、現在の物価の違いや日本への輸出事情の違いなどもあるので、一概のは言えませんが、ワインは日本で自分の飲んでいるワンランク下を買うと同じくらいかな?
要するに同じランクのワインが安く買えるという事。
当然自分の適当だと思う価格の物を買えば思ったより美味しいものを手に入れる事ができる訳です。
紙パックのモノでもかなり美味しく飲める物もありました。
しかし旅行で訪れての購入だったら、できれば頑張ってワイン屋さんとコミュニケーションをとって、生産料が少なくて輸出されていなかったり、時間を置けなくて輸出できなかったりなど、現地でしか味わえない物などに巡り合えると最高ですね。
わざわざ生産地に行った甲斐があると言うモノです。
また、日本で言えば焼酎のような、庶民が日常に飲んでいるタイプのお酒を試すのも現地ならではの楽しみですね。ヨーロッパに多いのがアニス酒かな。(フランスではワインも庶民的ですが。)
安そ〜うな雰囲気をかもし出す、カウンターがメインのバー(カフェと見かけはそう変わりません)などに行ってしばらく観察していると、あちこちで何だか分からないお酒を皆が飲んでいますから、きっとそれです。
で、『あれ下さい。』恐ろしく不味い物もあれば、意外に美味しくてびっくりな物も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »