« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

だし納豆めかぶ丼

山形の郷土料理の『だし』ってご存じですか?
胡瓜、なす、納豆昆布 etc ... を使ったお惣菜ですが、カラダに良さそうな気持ちの良い食べ物です。
最初は、お野菜を刻んで手作りしていたのですが、細かく切るのが大変なので作るのが億劫になってしまい、遠のいてしまいました。
そんな頃(半年くらい前かなぁ・・・)見つけました!出来合いの『だし』。

Nec_0153

意外にもほとんどのスーパーで良く見かけます。
結構身近にあったのね!!
・・・と言う訳で食卓に復活です。
しかもバージョンアップさせる余裕が出来たので、さらに美味しく戴いています。
『だし納豆めかぶ丼』です。


『だし』と『めかぶ』を良く混ぜます。
めかぶや納豆に付いている味付けの出汁醤油は、めかぶと納豆の内ひとつだけにして一緒に混ぜます。
私はここでおろし生姜を入れますが、まずは入れないで試してみて。
『納豆』は辛子のみ入れて良〜くかき混ぜます。
しっかり粘りが出たら『だし』の中に入れてさらに良く混ぜます。

Nec_0155

Nec_0161

あったかいご飯にかけて召し上がれ〜
私はこれまた良く混ぜるのが好みです。
生姜や辛子や唐辛子など試して、お好きな風味に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

牛筋のスープ

『コラーゲン』素敵な響きです^^
ここ最近のコラーゲンの素は牛筋。
お安いですし。
昨日も立派な牛筋を恵比寿三越でゲットしました。
『何これ、脂の固まりじゃん!』と思っても、よくよく見ると物凄い素敵なゴッツイ筋だったりしますから、良く見てね。こういうやつは薄めにスライスして煮ると、鯨のおばけ(ヒレのスライスを茹でた珍味)みたいになります。(私だけの感想らしい)
さて、お料理。

牛筋を繊維に直角に、繊維を断ち切るようにひたすら5ミリ〜1センチに切って(太くて固い筋は薄めにスライス)、沸騰したお湯で湯通しして軽く洗う。
和風の好みのだしに焼酎(日本酒)を入れて、洗った牛筋を煮ます。
私はクイーンズ伊勢丹の『あごだし』のパックを最近友人に頂きまして、ここのところこれにハマっているので、あごだしをベースにその日の気分で複合だしにして作ります。
鷹の爪も入れるとGOOD。
私は少し固いくらいの牛筋が好みですが、好みの固さになったら味を見て塩や醤油やナンプラーなどで味付けします。
メイン料理にして食べたい時は、大豆モヤシをたっぷりとその他お野菜も入れ、もっとボリュームが欲しいならお湯で戻した春雨を入れてどうぞ!
Nec_0167

そうそう、聞いた所によると(不確かな情報よ!)コラーゲンは、ビタミンCと一緒にとらねば(お肌の為には)意味無しだそうで・・・ここ重要よね!
私は効果を実感しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

パリの学食

パリの学生食堂は使えます。フランスの学生だけでなく、誰でも利用出来ます。
大学の中にではなく別の所にある事が多いようなので、見つけやすいし入りやすいです。
料金は一般(フランスの学生以外)は少し高めですが、レストランに行くよりは、かなり安く食べられると思います。
私自身は5〜6ケ所の学食を利用した事がありますが、面白い事に施設によって味が全然違うのです。
『あぁ・・学食だモンね・・』な所もあれば『下手なレストランより美味しい』まで色々。
フランスの場合、質素でもキチンと前菜、メイン、チーズ、デザート、パン。と取る事が出来ますから、前菜にお野菜を選んでメインを重たい物にして、パンも大抵沢山食べて良いのでしっかり食べて、チーズ&デザートは両方デザートにしてヨーグルトや林檎の様に持ち帰る事ができる物を選んで持って帰って、後でおやつにします。
悪くないですよ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

旅の自炊

バックパッカーではなくても旅行中に無駄にお金を使うのは、何だか悔しいですよね。
そんな時はプチ自炊。
アーミーナイフが1本あればOKです。
パン、ハムやパテ、チーズ、トマトや胡瓜、果物などを買って来ます。
この時点でスーパーで住んで居なければ買わないような物を探し、選ぶという楽しさがあります。
雑貨のコーナーで、何か包んだり出来るものも探しましょう。現地な感じの紙ナプキン、紙袋など。
ホテルに帰ったら、ナイフを使ってチョイチョイっと簡単な挟んだだけサンドを作ります。
果物も洗っておきます。
で、もし小さなベランダのあるホテルでしたらベランダでピクニック♪
お天気が良かったら、サンドイッチもトマトも果物も包んで、公園にでも出かけてピクニック♪
節約&美味しい&楽しい&思い出になる旅のプチ自炊です^^
あ、アーミーナイフは手荷物にしないようにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

後悔。

できる限り『後悔』しないように生きているつもりでした。
でも、つい一昨日後悔する事が起こりました。
後悔って小さな事も大きな事も同じように心にのしかかってきますね。
何の苦労もなく出来た事を後回しにしてやり過ごしている内に、もうそれをする事が叶わなくなる日が、もう後に戻る事ができなくなる日が来るのです。
時に突然に、です。
誰に向かってか、どこに向かってか、言い訳をしてしまいたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

パリのビストロ♪

私が住んで居たのはカルティエラタンといわれる、大学や遺跡跡や大きな公園などのある地区でした。
そんな場所ですから、地域の人に愛されている古くからあるレストランやカフェがたくさんあります。
歩いて3分程の近所にお気に入りのレストランがありました。
名前は忘れてしまいましたが、パンテオンの直ぐ近くのお店です。
リュクサンブール公園からパンテオンに向かう道の途中を右に入ってスグ左側。
入り口に風よけの深紅のベロアのカーテンが下がっていて、はみ出す様にいつも人が並んでいます。
並ぶのが大っ嫌いな私でも、このレストランで並ぶのはウェルカム♪
というのもこのお店は、待っているお客だけへのサービスがあるのです。
ちょっと珍しいのですが赤ワインを使ったキールを、待っていっる限りいくらでも(これが美味しい!)、それと大きな壷に入った、かなり美味しいオリーブがカウンターに置いてあり、食べたいだけどうぞ!!なのです。
このキールもオリーブもホントに美味しいの!^^
やっと順番がまわって来たら、このお店のメインのお薦め。
コンフィ・ド・カナル(鴨の鴨脂煮)。
鴨肉を低温の鴨脂でゆっくり揚げたものらしいのですが、出来上がりはあの脂っぽい鴨の脂がすっかり落ちて、身もほろほろに柔らかく、味も凝縮されてすご〜く美味しいのです。
私的にはコンフィ・ド・カナルはこの店のが一番でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

寒い日は・・

最近ちょっと淋しい感じです。
寒い日かな。
昨年末位から、自分の価値観に揺るぎというか変化というか・・が生じてきて。
まぁ、素敵な事や出会いや発見も日々あるので、淋しいばかりではありませんね。

自分の中に出来た影のような物を長期放置すると、いつか万年暗闇のスペースが出来てしまいます。
心の中の暗闇って、呼吸し難くすると思いませんか。できれば早めに手を打ってあげましょう。
まずは廻りのプチ素敵な事に目を向ければ良いのです。
人は時によって戦う義務も、逃げる権利もあると思います。
辛い事はそう沢山、そう長い時間は我慢できる物ではありません。修行僧じゃぁあるまいし!
他人にはもちろんですが、自分にも強いるのは止してあげましょう。
それでもって、他人も自分も許す事を上手に出来るとなお良いのですが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

猫の15歳って・・・?

昨日気が付いたのですが、モンさん(黒猫のモンちゃん)の歯茎がえらく腫れているのです。
鼻を触るだけで『う〜っ』って怒ります。
夜、カリカリをあげました。ひと粒食べる度に『う〜っ』です。
牛乳飲んでも『う〜っ』。
で、今日かかりつけの動物病院に行って来ました。(日曜日も診てくれるので助かります)
腫れていた歯の他にもあちこちガリガリされた上、全然別の奥歯がもう抜けかかっていたのが見つかって、バシッと抜歯されました。
愛しのモンさんは血まみれの口を見せながら、『お前の所為じゃ!』と言っているかの様な目線を投げかけつつ、『早くお家に帰りましょうぜ』と訴えかけていました。
まだ少しお怒りが冷めぬ様で、遠くからじ〜っと冷ややかな目でこちらを見ていたり、ぎゅ〜っと丸くなって眠っていたり・・・
Nec_0076 気の強いモンさんも動物病院ではお手上げの様で、どこの猫かと思う程に大人しく振る舞っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

やっぱり鰻は・・・

先日、高校生の頃からの友人達と11時間もの長時間、お話しました。
まぁこの歳になると、各自自身の問題のみならず家族や友人などの問題も抱えていたり、抱えさせられていたりで、大変です!
たまにこうやって情報交換と救済を兼ねたストレス発散井戸端会(?)を行います。
まさか、お話の内容はここでご披露する訳にはいきませんが、かなりのモノでございます。

で、今回の感想。『やっぱり鰻は台東区。』^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »