« 中華レストランはどこにでもある! | トップページ | 我が家の猫さま »

2006年9月25日 (月)

フランスのお肉屋さん

寒くなってくるとフランスでは良くジビエといって、野獣料理が季節の御馳走としてレストランに並びます。
もちろんお肉屋さんで野獣のお肉を購入する事も出来ますし、猟も盛んです。
フランス人の食材のリストの中には、普通に野獣がはいっている訳です。
兎なんてもう普通のお肉です。
良く買い物をした、お安いスーパーにも兎のお肉はありました。
フランス語でハーフの事を『ドゥミ』と言います。
鶏や兎など比較的小さな生き物は、丸ごとかドゥミで売っています。
つまりモモ身や胸身や手羽先なんて、スーパーには存在しないと言う事。
お陰で、お肉屋さん並に鶏の解体が上手になって帰国しました。
さてこの『ドゥミ』ですが、基本的に平等を考えて、縦割りにしてあります。
縦割り!鶏はまだしも兎の縦割り!!慣れるまで、それはもう無気味で・・・
でも美味しいのですぐに馴れました^^
良く作ったのは『兎のぶつ切りとホウレン草の煮込みシチュウ』。
う〜ん。懐かしい!

|

« 中華レストランはどこにでもある! | トップページ | 我が家の猫さま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスのお肉屋さん:

« 中華レストランはどこにでもある! | トップページ | 我が家の猫さま »