« ゴーヤの黒糖黒酢漬け | トップページ | 不思議看板 »

2006年9月 5日 (火)

ザ・アメリカ!パイナップルケーキ

14歳の夏にアメリカに1ヶ月程滞在した事があります。
数えきれない程の初めての経験をしました。
子供の頃から英会話には馴染んでいたので、言葉に困ると言う事はそうありませんでしたが、カルチャー大ショックでした。
『遠い所をようこそ!初めまして、よろしくね^^』遠く日本から到着して疲れ切っていた私に、優しい言葉と共にすごぉく気を使って、考えて、ホストファミリーのパパが遠くまでわざわざ買いに行って用意してくれた初めての晩ご飯は『マクドナルド』しかも山積み。
『ご飯だよ〜』普段の家族の食事は、パーティーでも開くのかと思う程の肉をパパがお庭で焼いて、これまた山積み。
そしてまさか真実だとは思わなかった、映画の様なバケツの様なボウルに山盛りのバターコーン&バターグリンピース。
もちろん各自に水筒の様なコーラ、テーブルのまん中にはタンクの様なボトルの牛乳を添えて。
『今夜は外食だよ。』行き先はピザハウス。
ひとりに付き1枚運ばれてきたのは、私達の言う超Lサイズのピザ。
そしてまたコーラ。
『我が家はお金に余裕のあるタイプの家庭ではないよ。』と言ったホストファミリー宅の庭には、立派なプール。
『君はもう私達の家族なのに、どうして口にキスさせてくれないのか』とゴネるおじいちゃん。
キリがありません。
そんな大変興味深くかつ楽しい滞在中に初めて教わった『ザ・アメリカ』な料理がパイナップルケーキでした。
まさにアメリカな味でした。
先日の、風の街1周年のビアパーティーの折に、少しですが持参したケーキがそうです。
ただしアメリカ製のケーキミックスを使わなかったので、少々地味めの味ではありましたが^^

材料:パイナップルの缶詰め
   黒砂糖(御本家ではブラウンシュガー)
   ホットケーキミックス(御本家では何だかスゴイ香料が香り立つケーキミックス)

作り方:耐熱のバットにパイナップルの輪切りを敷き詰める。
   間違えちゃったかと思うくらいの黒砂糖をガンガン振り掛ける。
   ホットケーキミックスを水とパイナップルのシロップを半々にして牛乳の代わりに入れて混ぜる。
   パイナップルの上にだぁ〜っとかける。
   180度に余熱しておいたオーヴンで30分くらい焼く。
   表面が美味しそうな色に焼けたら竹串をさして中も焼けたか確認。
   10分程放置して裏返しにする。(このまま放って置くと、くっ付いちゃいます。)

準備5分、調理手間無し30分。で終了。
恐るべしアメリカ。

|

« ゴーヤの黒糖黒酢漬け | トップページ | 不思議看板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・アメリカ!パイナップルケーキ:

« ゴーヤの黒糖黒酢漬け | トップページ | 不思議看板 »